Classic音楽、Audio、写真などの趣味を綴る


by ご~けん

プロフィールを見る

My Link

タグ

(79)
(67)
(54)
(49)
(47)
(40)
(37)
(31)
(27)
(27)
(24)
(24)
(21)
(19)
(15)
(15)
(12)
(7)
(3)

最新のコメント

SP300用になりますが..
by ja8cte at 12:03
Facebookに今年5..
by ja8cte at 09:57
こんにちは。ご部刷してお..
by desire_san at 18:26
ありがとうございます。 ..
by 池田 at 22:00

お気に入りブログ

Katyanのオーディオ...
みなと横浜、音楽・オーデ...
By The Thames
Gladius Dei
オーディオのこと
川村奈菜さんの応援HP
びーぐるな日々
Appelez-moi ...
Mahalo Saito...
Horizontal P...
ヴァイオリニスト大島莉紗...
My Photo Square

外部リンク

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

記事ランキング

ブログパーツ

「メリー・ウィドウ」ソフィア国立

久々のオペラ(オペレッタ)を観に行きました。場所は相模大野グリーンホール、チケットはインターネットで購入。このソフィア国立オペレッタ劇場は初来日と言うことですが、オペレッタを最も得意とするブルガリアの名門劇場だそうです。




 本日のキャストは、入り口に貼り出されていたのですがメモはしませんでした。ダニロ伯爵、ロジョン、男爵夫人のヴァランシェンヌ役は若手で固め、ハンナ、ツェータ男爵らはベテランが良い味を出していたように思います。特に、ダニロ伯爵のバリトンは非常に良くとおる声で、素晴らしいものでした。またツェータ男爵役の方も、スキップしながら登場したり、片言の日本語を交えた大変ユーモアのある演技で、魅了されました。

 しかし、このオペレッタは本当に素晴らしい作品です。次から次へと美しいメロディーが山盛りに出されます。「あぁ、これもメリー・ウィドウの中にあったんだ」と、何度も感激させられました。第三幕のカンカン踊りは大喝采で、男爵夫人はプロのダンサーに混じって、大活躍です。客席からのリズミックな拍手が、さらに舞台との一体感を作り出します。

 15:00開演のためか、老カップルと思われる観客も、数多く見られました。それぞれに笑いながら、うっとりしながら、このオペレッタを楽しんでいた事が、良く分かりました。私も家内も時々は、このような楽しいオペレッタが来たらまた行こうね、と帰宅の途につきました。
by ja8cte | 2001-07-20 00:08 | Comments(0)