Classic音楽、Audio、写真などの趣味を綴る


by ご~けん

プロフィールを見る

My Link

タグ

(79)
(67)
(54)
(49)
(47)
(40)
(37)
(31)
(27)
(27)
(24)
(24)
(21)
(19)
(15)
(15)
(12)
(7)
(3)

最新のコメント

SP300用になりますが..
by ja8cte at 12:03
Facebookに今年5..
by ja8cte at 09:57
こんにちは。ご部刷してお..
by desire_san at 18:26
ありがとうございます。 ..
by 池田 at 22:00

お気に入りブログ

Katyanのオーディオ...
みなと横浜、音楽・オーデ...
By The Thames
Gladius Dei
オーディオのこと
川村奈菜さんの応援HP
びーぐるな日々
Appelez-moi ...
Mahalo Saito...
Horizontal P...
ヴァイオリニスト大島莉紗...
My Photo Square

外部リンク

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

記事ランキング

ブログパーツ

「神々の黄昏」東京シティフィル

 久々に東京文化会館へ行ってきました。NHKホールができる前に、ここでN響定期をやっていたので、30年振りになるのでしょうか。コンサート形式と言うよりは、オペラと言って通じる素晴らしい舞台でした。このオケを聴いたのは2度目でして、ティアラ江東での川畠成道さんのシベリウスを鑑賞したのが最初でした。その時は確かアマチュアの団体と思ったのですが、自主運営の集団のようです。技術も申し分なく、懐かしいホールも相俟って、ワーグナーを堪能してきました。




 ソリストには、緑川まり さん、青戸知さんなどのお馴染みの方がいました。オーケストラが舞台にあがり、さらにその奥にソリストと合唱が配置される形で、すでに3回のシリーズを終え、この4 部作最終編を迎えたとの事。演奏が始まると、もうそこにワーグナーの世界が広がり始めました。ジークフリート役の成田勝美さん、まさに適役でした。声が私のイメージ通りの味を出していました。ハーゲン役の長谷川顕さんは、グンター青戸さん以上に低い音域を持つ方で、これはもうシビレました。緑川さんのブリュンヒルデ、最高です。このキャストに対して私の持っていたイメージが、完全に置き換わりそうな気もしました。

 幕間で、指揮の飯森泰次郎さんの略歴などを読み、大変驚きました。ワーグナーに対する深い造詣、そしてバイロイトなどにおける活躍、さらに今回の演奏会にたどりつくまでに意図したこと、苦労した事、成功させるための意気込みなどを知るにつれ、そうだ、だからこのような音楽を表現できるんだ、と思いました。

 今回は、またまたワーグナーの魅力に捕り付かれてしまいました。イタリア最高のオペラである「スカラ座」を見た直後だったこともあったのですが、私は誰に何と言われようと、ワーグナーにシビレてしまいます。それを実感しました。例え無名のオケであっても、コンサート形式であっても、ワーグナーの芸術は不変であると感じます。特にこの4部作最後の作品は、変化にも富み、スリリングで飽きさせないものがあります。

 ラストシーンをどのように演出するのか、今回の演奏形式では大変なのではないかと思いましたが、照明技術と背景のスクリーンを駆使して、非常にうまくまとめ上げていました。このシーンには大変感動しました。ワーグナーのオペラは曲も大変美しいので、情感をそそるものがあります。作品を楽しんだ後には、よーっしと元気が出てきます。もっともっと、日本での公演が増える事を期待したいと思いました。
by ja8cte | 2003-09-20 19:58 | Comments(0)