Classic音楽、Audio、写真などの趣味を綴る


by ご~けん

プロフィールを見る

My Link

タグ

(84)
(61)
(58)
(51)
(50)
(40)
(34)
(31)
(31)
(27)
(27)
(24)
(22)
(21)
(19)
(16)
(15)
(12)
(7)

最新のコメント

ヨハン・ボータ亡くなって..
by ja8cte at 07:51
コメントありがとうござい..
by ja8cte at 04:41
ごーけんさん、お久しぶり..
by Sato Mitoko at 16:31
SP300用になりますが..
by ja8cte at 12:03

フォロー中のブログ

Katyanのオーディオ...
みなと横浜、音楽・オーデ...
By The Thames
Gladius Dei
オーディオのこと
川村奈菜さんの応援HP
Appelez-moi ...
Horizontal P...
ヴァイオリニスト大島莉紗...
My Photo Square

外部リンク

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
more...

記事ランキング

ブログパーツ

フェリックス・アーヨ演奏会

アーヨの横浜公演チケットに応募したら、運良く当たりましたので、県立音楽堂まで行って来ました。ここはぜひ一度訪れてみたいホールでしたので、とても楽しみにしていました。フェリックス・アーヨと言えば、あのイ・ムジチ「四季」のベストセラー録音が知られていますが、まさか生で聴けるとは思いませんでした。だいたい、まだ生きて活動しているかも知らなかったくらいでしたから・・・・。




 イ・ムジチを結成したのが 18歳だそうで、16年間在席したとありました。その後、1970年にローマ・ベートーベン四重奏団を結成したそうですから、現在は67歳くらいでしょうか。長身で体格もしっかりとしており、傍からも高貴な風貌に見えました。横浜を皮切りに、松本、富山、名古屋、京都、東京の順で演奏会が予定され、それぞれの地域のストリングスと共に「四季」がプログラムされているようでしたが、今回だけはピアノ伴奏(東 誠三さん)とのソナタの夕べでした。

 本日の曲目は、モーツァルトのソナタK304、ベートーベンの「スプリングソナタ」、J.トゥリーナの「スペインソナタ」、そしてブラームスの第3番ソナタでした。トゥリーナと言う名前は初めて聞きましたが、アーヨさんと同じスペイン出身の作曲家だそうです。

 演奏を聴いた感想ですが、最初のモーツァルトとベートーベンは、その音の美しさにビックリしました。音程も大変正確で、さすが往年の実力を維持しているんだと思いました。ブラームスについては、私の気持ちとしてはやはり、最近の若手のアーティストで楽しみたいと思いました(川村奈菜さんの演奏が頭の中で、懐かしく思い出されたくらいです)。

 最前列から二番目の真中に陣取りましたので、5mくらいの距離を置いて聞きました。何度かアーヨさんとも目が合ってしまいました。ギョロリと鋭い一面を持った面持ちでした。ホールの音響が大変良かったせいだと思うのですが、バイオリンの美しさをとことんまで楽しめた、素晴らしいコンサートでした。
by ja8cte | 2003-11-07 19:56 | Comments(0)