Classic音楽、Audio、写真などの趣味を綴る


by ご~けん

プロフィールを見る

My Link

タグ

(84)
(61)
(58)
(51)
(50)
(40)
(34)
(31)
(31)
(27)
(27)
(24)
(22)
(21)
(19)
(16)
(15)
(12)
(7)

最新のコメント

ヨハン・ボータ亡くなって..
by ja8cte at 07:51
コメントありがとうござい..
by ja8cte at 04:41
ごーけんさん、お久しぶり..
by Sato Mitoko at 16:31
SP300用になりますが..
by ja8cte at 12:03

フォロー中のブログ

Katyanのオーディオ...
みなと横浜、音楽・オーデ...
By The Thames
Gladius Dei
オーディオのこと
川村奈菜さんの応援HP
Appelez-moi ...
Horizontal P...
ヴァイオリニスト大島莉紗...
My Photo Square

外部リンク

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
more...

記事ランキング

ブログパーツ

京都市響のブルックナー7番

 ブルックナーに凝り始めたのは、つい1~2ヶ月前でしたが、いよいよ生の音楽に接する機会に恵まれました。京都市交響楽団は全国唯一の市立オーケストラ、そしてブルックナーを取り上げてきたのも設立当時(1956)からだそうです。第2代目常任指揮者のハンス・ヨアヒム・カウフマン、そして前任者のウーヴェ・ムント氏らが育んできた伝統を誇っています。




 本日の指揮者は大友直人さんですが、京響とブルックナーに取り組むのはこれが初めてのようでした。会場の「すみだトリフォニーホール」は素晴らしいホールで、私はここを訪れるのは初めてだったのですが、音響的にも良く考えられた設計になっていると思いました。具体的には、舞台の天井が高く、ホール一体となっていること、そして平行面の排除が到るところに適用されています。

 私が最も入れ込んでいる第7番、素晴らしい演奏でした。第1楽章の出だしで思わずグッときました。第2楽章は言わずもがな、第3楽章も生ならではの迫力、第4楽章までくると完全にブルックナーの境地に達するような感覚になってきました。特に素晴らしかったパートは、チェロ軍団とフルート、そして第1バイオリンも統率が取れていて、この曲に対するオケの伝統のようなものを感じさせました。管楽器はとてもダイナミックで、打楽器なしでも充分にクライマックスを表現できていました。さらに大友氏の手腕によって、今後のまとまりを期待したい部分はありました。

 この曲をここまで演奏しきるのは、並大抵ではないと思います。曲の素晴らしさ、ブルックナーの素晴らしさ、そしてオーケストラ、指揮者、ホール、何よりもそれが「生演奏」であること、これらの全てが関係する名演奏だと思いました。これからしばらくは、ブルックナーの生演奏を求めて、徘徊する生活が始まりそうです。
by ja8cte | 2004-03-13 17:12 | Comments(0)