Classic音楽、Audio、写真などの趣味を綴る


by ご~けん

プロフィールを見る

My Link

タグ

(84)
(59)
(58)
(49)
(49)
(40)
(34)
(31)
(31)
(27)
(27)
(24)
(22)
(21)
(19)
(16)
(15)
(12)
(7)

最新のコメント

ヨハン・ボータ亡くなって..
by ja8cte at 07:51
コメントありがとうござい..
by ja8cte at 04:41
ごーけんさん、お久しぶり..
by Sato Mitoko at 16:31
SP300用になりますが..
by ja8cte at 12:03

フォロー中のブログ

Katyanのオーディオ...
みなと横浜、音楽・オーデ...
By The Thames
Gladius Dei
オーディオのこと
川村奈菜さんの応援HP
Appelez-moi ...
Horizontal P...
ヴァイオリニスト大島莉紗...
My Photo Square

外部リンク

以前の記事

2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
more...

記事ランキング

ブログパーツ

「こうもり」ソフィア国立オペレッタ劇場

 前回と同じグリーンホールに家内と出かけました。同じ劇場の公演でメリーウィドウもあるようでしたが、お正月らしい演目を選びました。東ヨーロッパの歌劇場は頻繁に来日するようなのですが、地方公演にも拘わらず、今回のオペラは舞台が大変立派でした。衣装も豪華でとてもきれいでした。




 「こうもり」は名演が数多くありますし、手持ちのライブラリとしても4~5種くらい持っているのですが、やはり生で楽しむのが一番と思います。特に第2幕のポルカに合わせた踊りとか、第3幕の看守のおじさんのパーフォマンスなどを楽しみにしたいと思って行きました。

 ところがいずれもパッとしないのです。予定の時間よりもかなり切り詰めて進行していきます。アレアレと思っていたら、ラストシーンで刑務所シーンの一区切りのあとに、オルロフスキー公爵の館にさっと戻りました。あの豪華な舞台でフィナーレが歌われました。なるほど、今回の演出はここに焦点を当てたのかと納得しました。

 歌手はいずれも若手の方で、特に有名人はいなかったのですが、それぞれの歌唱力はなかなかのものと思いました。また身の動かしかたがとても良く、みなさん踊りをマスターしているようでした。体つきはゴツイ人が多いのですが、バレエ団のメンバーはとても細身の若い方ばかりで目を楽しませてもらいました。オルロフスキー役の若い歌手も、大変な美人でした。

 「こうもり」は見るたびに新鮮な思いがしてきます。また演出次第で全く違った印象を持たされる、奥の深い作品だと思います。いつかは本場で楽しみたいものですね。
by ja8cte | 2005-01-08 16:39 | Comments(0)