Classic音楽、Audio、写真などの趣味を綴る


by ご~けん

プロフィールを見る

My Link

タグ

(80)
(69)
(55)
(49)
(48)
(40)
(37)
(31)
(27)
(27)
(24)
(24)
(21)
(19)
(16)
(15)
(12)
(7)
(3)

最新のコメント

SP300用になりますが..
by ja8cte at 12:03
Facebookに今年5..
by ja8cte at 09:57
こんにちは。ご部刷してお..
by desire_san at 18:26
ありがとうございます。 ..
by 池田 at 22:00

フォロー中のブログ

Katyanのオーディオ...
みなと横浜、音楽・オーデ...
By The Thames
Gladius Dei
オーディオのこと
川村奈菜さんの応援HP
びーぐるな日々
Appelez-moi ...
Mahalo Saito...
Horizontal P...
ヴァイオリニスト大島莉紗...
My Photo Square

外部リンク

以前の記事

2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

記事ランキング

ブログパーツ

初めての紀尾井ホールへ

e0022175_22343065.jpg友人に誘われての第66回定期演奏会、どんな音響なのかも楽しみにしていました。




曲目はベートーベンの皇帝(Pf.ペーター・レーゼル)、シベリウスの「トゥオネラの白鳥」、そしてモーツァルト交響曲40番ト短調の3曲でした。このホールで皇帝くらいの規模の曲はどうなんだろうか、また私としては、スコアを持っているくらい思い入れのある曲としても楽しみでした。

ホールの造りは素晴らしく、また大変に美しいものでした。天井が高く、ヨーロッパ的な響きが期待できる、数少ないホールかもしれません。しかし最も感動した曲は、2曲目のシベリウスでした。e0022175_22364370.jpgCDやTV放送では味わうことのできない場に、すっかり浸りきったような感じでした。
イングリッシュ・ホルンを担当したのが、N響オーボエ奏者の池田昭子さん、そしてチェロの河野さんも良かった、、、また大太鼓とティンパニーがホール一杯に響いて、音楽に浸るってこうなんだ、と改めて思いました。
新しいホールと音響に接するたび、我が家のオーディオにも手を入れる事を続けてきましたが、今回はサラウンドの効果をもう一度見直そうかと言う気持ちになりました。このホールでの、比較的小さな音の響きと浮き上がり感は、格別のものがあるように思います。大いに刺激を受けた一日でした。
by ja8cte | 2008-09-27 14:00 | Comments(1)
Commented by 畑山千恵子 at 2008-11-26 20:30 x
私は、26日に行きました。ペーター・レーゼルの第5番「皇帝」は素晴らしい演奏でした。もっとも、2007年4月29日のリサイタル、2008年9月20日、10月2日のベートーヴェンツィクルスも聴きました。大変感動いたしました。
どちらの聴きに行った後、ゲルハルト・オピッツのベートーヴェンツィクルスが待ち遠しいものでした。2007年も行きまして、うならされてしまいました。2008年も12月9日、26日とあります。コンツェルトも12日、13日、日フィル定期で第3番を演奏します。こちらもチケットを取りました。
ペーター・レーゼルは東ドイツだったため、シュタージがうごめく中、演奏活動も自由ではなく、国際的知名度は低かったようです。これに対して、ゲルハルト・オピッツは西ドイツだったため、出国も自由でしたし、国際的知名度も高く、テレビ出演もありました。
1990年の東西再統一後、ドイツのピアノ界が大きく変わりました。今では、ペーター・レーゼルとゲルハルト・オピッツがドイツを代表するピアニストとなりました。ペートーヴェン、ピアノソナタ全集もあります。ぜひ、お聴きください。