Classic音楽、Audio、写真などの趣味を綴る


by ご~けん

プロフィールを見る

My Link

タグ

(79)
(67)
(54)
(49)
(47)
(40)
(37)
(31)
(27)
(27)
(24)
(24)
(21)
(19)
(15)
(15)
(12)
(7)
(3)

最新のコメント

SP300用になりますが..
by ja8cte at 12:03
Facebookに今年5..
by ja8cte at 09:57
こんにちは。ご部刷してお..
by desire_san at 18:26
ありがとうございます。 ..
by 池田 at 22:00

お気に入りブログ

Katyanのオーディオ...
みなと横浜、音楽・オーデ...
By The Thames
Gladius Dei
オーディオのこと
川村奈菜さんの応援HP
びーぐるな日々
Appelez-moi ...
Mahalo Saito...
Horizontal P...
ヴァイオリニスト大島莉紗...
My Photo Square

外部リンク

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

記事ランキング

ブログパーツ

Wienフォルクスオパー「こうもり」

e0022175_21295262.jpg
日本公演(2日目)を見に、家内と文化会館に出かけました。



e0022175_21405011.jpgコロとコヴァルスキーの「こうもり」、それも本場のフォルクスオパーで・・・さすがにタンホイザーを歌いきるほどの力が残っていないのかも知れませんが、コロはやはり凄い歌手でした。
e0022175_21335365.jpg彼のタンホイザーを観たのは、15-Feb 1998のNHKホールでした。ちょうど10年が過ぎています。このような形で再会できたのは大きな喜びでした(声にはちょっと力が入っていたみたい・・・)。

e0022175_2152098.jpgそしてコヴァルスキーのオルロフスキー公爵、我が家のライブラリには、前回来日公演(1999)の映像が残っていました。他にもたくさんの録画があります。メゾが歌うことも多い中で、この人ならではの雰囲気を醸し出す
e0022175_2157033.jpgコヴァルスキーの生を聴けたのは、最高の経験になりました(ちょっと横の方に広がった体形になったかも・・・)。アデーレを歌ったアンドレア・ボグナーも素晴らしかったと思います。存在感がありました。
演出はハインツ・ツェドニク、なんとフロッシュ役も演じた方でした。日本語のセリフやアドリブなどなく、それでいて役者さんの温かみのある心が伝わってくる、良い演出だったように思います。今回の公演4回で全てに出演するのが、コロ、コブァルスキー、ツェドニクとのことです。今回の文化会館の舞台はとても小さく感じました。それだけ存在感のある本場もののオペレッタを鑑賞できて、本当に良かったと思います。
e0022175_225823.jpg

by ja8cte | 2008-05-24 14:30 | Comments(8)
Commented by ja8cte at 2008-05-24 22:44
ピアニストの加藤洋之さんとロビーでバッタリお会いしました。文化会館では3度目くらいですねと声をかけたら、もっとでしょう!と言われました。来月はベルギーで、川村奈菜さんとの演奏会を予定しているそうです。
Commented at 2008-05-25 01:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by YN at 2008-05-25 02:45 x
ウィーン国立劇場のこうもりを見に行ったことがあります。
このオペラは衣装やセットも華やかで、にぎやかでとても見ごたえがある舞台ですね。
Commented by ja8cte at 2008-05-25 07:17
YNさん、Wien国立の来日がこの秋に予定されています。小澤のラスト(フィデリオを振る)になるのと、ムーティ(コジ)も来ます。そのコジに出るキャストが凄いです。フリットリ、ダルカンジェロ、シャーデ、ヴォイトなど。もう一つの演目は、グルヴェローバの独演とか、ちょっと考え中です。
Commented by YN at 2008-05-27 04:34 x
小澤さんが指揮をされるのですか!それは是非みたいです・・!
が、私は残念ながら国外在住なので、里帰りのタイミングとあえば、行きたいです。(一応秋で考えているので)
国立劇場でも小澤さんの指揮にあうことはよほど狙わない限りなかなかないことですね。
Commented by ご~けん at 2008-05-27 21:55 x
YNさん、ミュンヘンからでしょうか、いつもコメントありがとうございます。こちらのTVでも小澤さんの特集をよく放送しています。フィデリオはあまり得意でないので、コジに興味がありますが、ヴォイトではなくキルヒシュラーガーでした。安いチケット完売ですが、行きたくなりました。
ところでミュンヘンバレエはいかがでしたか? ラカッラは出演しましたか?
Commented by romani at 2008-05-30 00:07 x
こんばんは。

理屈抜きに楽しい舞台でしたね。
幕間のシャンパンをこれほど美味しく飲めたオペラは、ウィーンで観たフィガロ以来でした。

でも再びコロに会えたし、コワルスキーも聴けて、大満足です。
また、「雷鳴と稲妻」は単独で聴いても胸躍る曲ですが、「こうもり」の2幕の中で聴くと、やはり格別のものがありました。
今日も、仕事中に突然「シャンパンはワインの王様だ」のメロディが浮かんできて困りました。(笑)
Commented by ご~けん at 2008-05-30 00:29 x
romaniさん、こちらへのコメントもありがとうございます。「こうもり」は本当に楽しめますね。もちろんクライバーも最高ですが、ヴィーンそのままの雰囲気を持ってきた今回の公演は素晴らしいものでした。演奏もバッチリでしたし・・・
あとは良い劇場がほしいです。今回もPAバリバリでした。ゼンパー並みの音響とは言いませんが、バスティーユを真似た造りのオペラハウスができたりしないかしらん?