Classic音楽、Audio、写真などの趣味を綴る


by ご~けん

プロフィールを見る

My Link

タグ

(82)
(74)
(58)
(49)
(49)
(40)
(37)
(31)
(27)
(27)
(24)
(24)
(21)
(19)
(16)
(15)
(12)
(7)
(3)

最新のコメント

ヨハン・ボータ亡くなって..
by ja8cte at 07:51
コメントありがとうござい..
by ja8cte at 04:41
ごーけんさん、お久しぶり..
by Sato Mitoko at 16:31
SP300用になりますが..
by ja8cte at 12:03

フォロー中のブログ

Katyanのオーディオ...
みなと横浜、音楽・オーデ...
By The Thames
Gladius Dei
オーディオのこと
川村奈菜さんの応援HP
Appelez-moi ...
Horizontal P...
ヴァイオリニスト大島莉紗...
My Photo Square

外部リンク

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
more...

記事ランキング

ブログパーツ

SACDの試聴

e0022175_22484665.jpg残りのアンプx2とアッテネータを製作し、SACDを聴けるようになりました。




次の写真がアンプの部分です。計3ユニットが実装されています。最初は2SK30差動+2SA1015でFETコンプリをドライブしてみたのですが、どうしても電源リップルが除去できません。それでK30+J103の上下対称+A1015+C1815でドライブする回路に変えたところ、見事にノイズが消えました。しかし、このような空中配線でも3ユニット全てを変更するのは大変でした。
e0022175_225439.jpg
次の写真はアッテネータです。向かって左端が、2ch+リア(デジタルディレイ)+サブウーファ用の4回路ロータリー、右端が5.1ch用の6回路ロータリーSWです。抵抗器は秋月調達のものですが、音は結構行けるので、重宝しています。
e0022175_2332414.jpg
センターSPは有り合わせのものにしましたが、5.1chでは思っていたより重要な役割を担っているようで、グレードアップの必要がありそうです。
e0022175_23122348.jpg購入した3枚のSACDは、いずれもマルチchで録音した新しいものです。特にジンマンの巨人は素晴らしい演奏で聞き惚れてしまいます。しかしダイナミックレンジがとても広く、よっぽど静かで遮音されたルームで聞かないと大変です。いきなりドカンと大きな音が出てしまいます。
SACDリアの音量は予想より大きめに感じ、うまくバランスさせれば小音量で、音楽の雰囲気を楽しめそうな気がしました。また自作のデジタルディレイを応用した2+1chシステムとの差異はそれほどのこともなく、2chソースでサラウンドを再現する方法も大したものと思いました。
後日、友人から聞いた話ですが、SACDの音そのものは認知されているものの、サラウンドに対応したハイエンド・プレーヤは無いとのこと、本当でしょうか?
by ja8cte | 2007-08-11 23:32 | Comments(0)