Classic音楽、Audio、写真などの趣味を綴る


by ご~けん

プロフィールを見る

My Link

タグ

(79)
(67)
(54)
(49)
(47)
(40)
(37)
(31)
(27)
(27)
(24)
(24)
(21)
(19)
(15)
(15)
(12)
(7)
(3)

最新のコメント

SP300用になりますが..
by ja8cte at 12:03
Facebookに今年5..
by ja8cte at 09:57
こんにちは。ご部刷してお..
by desire_san at 18:26
ありがとうございます。 ..
by 池田 at 22:00

フォロー中のブログ

Katyanのオーディオ...
みなと横浜、音楽・オーデ...
By The Thames
Gladius Dei
オーディオのこと
川村奈菜さんの応援HP
びーぐるな日々
Appelez-moi ...
Mahalo Saito...
Horizontal P...
ヴァイオリニスト大島莉紗...
My Photo Square

外部リンク

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

記事ランキング

ブログパーツ

東ドイツ旅行[6]サン・スーシー宮殿

e0022175_239460.jpg
ICEで最終目的地であるベルリンにお昼頃到着し、荷物を持ったままSバーンでポツダムに向かいました。



e0022175_23131528.jpgポツダムまでの所要時間は20-30分くらい、自転車を持って電車に乗り込む人が多いのにビックリしました。これは駅からバス乗り場方向を撮影したものです。
e0022175_23192010.jpgバスを降りると最初の写真にあるような回廊の脇をしばらく歩き、このような入り口の門に到着しました。観光客でとても賑わっていました。
これが宮殿の中心となるところで、右側には絵画館の建物も隣接していました。ツアー待ちが60分くらいあるので、庭園を散策してみることにしました。
e0022175_23225610.jpg

e0022175_2327723.jpg正面と噴水の間は段々畑のようになっていて、ここに王様用の葡萄を植えていたそうです。

待ち時間を利用して、西方向にある新宮殿に向かいました。
e0022175_2330362.jpgベルサイユよりも広いのではないかと思うくらいの庭園ですので、途中の道沿いには、花、草、鳥などの自然がいっぱいでした。さすがに歩くのが厭になるくらいでしたが、やっと到着しました。
e0022175_233684.jpgこの宮殿を見学するには、大きなスリッパを履く必要がありますが、靴を脱ごうとすると、そのまま、そのままと言われました。有名な「貝殻の部屋」など見ましたが、それらの規模と凝った造りには圧倒されてしまいます。

そろそろ宮殿のツアーが始まる時間になるので、急いで戻りましたが、その途中に下の写真のような中国風の宮殿もありました。
e0022175_23423216.jpg本宮殿のツアーは日本語ガイドの選択もありましたのでそれを借りて、じっくりと見ることができました。内装の豪華さ(カーテンなど)や、中心部にあるドームの建造は素晴らしかったです。絵画館の方は、所狭しとルーベンスなどの名作が、数え切れないくらいビッシリと並んでいました。※いずれも撮影不可のため、ご覧いただけないのが残念です。
by ja8cte | 2007-06-21 23:52 | Comments(2)
Commented by Nakamura at 2007-06-25 22:01 x
懐かしい風景です。私がいった時は休みで、外だけしか見られませんでしたが、それでもサンスーシ以外にも多くの建物があるだけではなく、町のいたるところにゆかりの建物が沢山残っていて、宿泊してみればよかったと後悔しています。
私も昔何処かのお城見学でスリッパを履くとき、靴を脱ごうとして止められました(笑)
Commented by ご~けん at 2007-06-25 23:18 x
ポツダム中央駅からサンスーシー駅(でしたっけ?)までの全体が、大きな公園なのですね。いくつかの忘れ去られた宮殿があり、そのひとつがポツダム会談で復活し、町全体が活気を帯びたような話を聞きました。映画製作でも有名な街らしく、フィルム博物館らしき建物もバスに乗っている時、途中にありました。