Classic音楽、Audio、写真などの趣味を綴る


by ご~けん

プロフィールを見る

My Link

タグ

(84)
(61)
(58)
(51)
(50)
(40)
(34)
(31)
(31)
(27)
(27)
(24)
(22)
(21)
(19)
(16)
(15)
(12)
(7)

最新のコメント

ヨハン・ボータ亡くなって..
by ja8cte at 07:51
コメントありがとうござい..
by ja8cte at 04:41
ごーけんさん、お久しぶり..
by Sato Mitoko at 16:31
SP300用になりますが..
by ja8cte at 12:03

フォロー中のブログ

Katyanのオーディオ...
みなと横浜、音楽・オーデ...
By The Thames
Gladius Dei
オーディオのこと
川村奈菜さんの応援HP
Appelez-moi ...
Horizontal P...
ヴァイオリニスト大島莉紗...
My Photo Square

外部リンク

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
more...

記事ランキング

ブログパーツ

ブルックナーの7番

e0022175_20531449.jpg私はブルックナーのことを、全く興味の対象外にしていたくらいでした。しかしこの7番を聴いて、なかなか味わい深いものがあるなと思い始めました。



ブルックナーの人柄は、この記事の最後に付けたメッセージに良く現れていますが、曲の完成後でも、演奏の練習中あるいは出版の前後などでも、作曲者本人あるいは弟子、その他いろいろな人が楽譜に手を加えたみたいです。

ハース版は「怪しげなものは採用しない」方針で、最も原典版に近いそうですね。朝比奈さんのフローリアン教会における録音のエピソードにもありましたが、 6秒もの長い残響時間のあるホールでは、ノバーク版に採用されている打楽器などは無い方が、曲の本質をより良く表せると言う話もあります。CDではヨッフム盤、朝比奈(フローリアン教会)盤、マズア、レバイン、映像としては小澤+サイトウ記念、ティーレマン+ウィーンフィル、生演奏ではスクロヴァチェフスキー+読響、大友直人+京都市響などを聞きました。

ヨッフム盤は、流れるような旋律とハーモニーの美しさが際立っていました。マズア、レバイン以上の洗練された感覚を持ちました。朝比奈盤は、メロディーの歌わせ方、ダイナミックさ、神聖さなどを全て持ち合わせた別格のものと感じます。録音はアナログみたいだし、大阪フィルは時々ボロも出しますが、それをはるかに超えた構成力、臨場感、宇宙観などが含まれているように思いました。特に第4楽章の美しさを再発見しました。ブラームスにも通じる構成を感じました。奇跡的な鐘の音も聞こえました。ホールの残響が曲に最高の響きを与えてくれます。その空間にノバークも同席していたなんて、凄い事ですね。(添付した画像は同じフローリアン教会で、カラヤン+ウィーンフィルが8番を演奏したときのものです。)

朝比奈さんが何故ハース版を採用したかどうか詳しくは判りませんが、曲の途中のフレーズ間の間合いを大きくとった指揮ぶりに、大阪フィルの団員は日頃それほどの意識は持ってなかったそうですが、このフローリアン教会にきて演奏して、初めてその意味が分かったなどという、面白いエピソードも紹介されていました。演奏するホール、聴衆、時代などに合わせた版の選び方なども、ありそうな気がしてきますね。

以下、引用です。
================================
ブルックナーはとても遠慮深い指揮者でした。ウィーン・フィルの指揮台に立ち、彼の交響曲《ロマンティック》を指揮することになりました。彼がなかなか指揮棒を振り上げないので、コンサート・マスターが彼に向って、「さあ、どうぞおはじめになって下さい」するとブルックナーは、「あなたがたこそどうぞお先に!どうぞお先に!」
by ja8cte | 2005-07-27 20:52 | Comments(2)
Commented by YOKO at 2005-08-20 02:01 x
シェ-ファ-は子持ちなんですか、驚き。彼女はフランクフルトの肉屋の出だときいています。彼女のご主人のことやこのことは3文字44行の私の尊敬するお一人ですが彼のプログに記憶違いでなければありました。
彼はシェ-ファ-ファンです。また、先ごろロンドンからお帰りになったばかりでここ数年、お一人身の強さでョ-ロッパ、駆け巡っていらっしゃいます。ぜひ、チェックがてら、お読み下さいませ。
もし、私の勘違いでしたら、ご指摘くださいね。どちらにしても、ティ-レマン、多くのソプラノ、泣かせているみたいですね。
それにしてもネトブレコのハ-トを射止めたひとは誰なんでしょう。男性からは信じたくないでしょうがこれは明らかにコジョナ-と同様、女の確信犯です。彼女は結婚したかったんですよ。音楽の友の彼女の顔、幸せそうな顔でしたね。結婚して落ち着きたいんですよ、キャリアよりも。それだけ
過酷な世界を生きているってことです。
大好きなブルックナ-7番でしたのでこちらのほうにコメントさせていただきました。肝心な感想、、、寝酒のワイン片手だったのでもう、頭が、ボ-と。他もゆっくり読みたいです。明日の楽しみができました。

Commented by ja8cte at 2005-08-20 10:06
YOKOさん、初めまして。お名前はよく見かけておりました。シェーファーの身重の映像が見つかりましたので、このブログの3月の記事に追加しました。2000年4月のケルンにおけるシカゴ響の演奏です。ネトレプコの相手も調べてみますね。