Classic音楽、Audio、写真などの趣味を綴る


by ご~けん

プロフィールを見る

My Link

タグ

(84)
(60)
(58)
(50)
(49)
(40)
(34)
(31)
(31)
(27)
(27)
(24)
(22)
(21)
(19)
(16)
(15)
(12)
(7)

最新のコメント

ヨハン・ボータ亡くなって..
by ja8cte at 07:51
コメントありがとうござい..
by ja8cte at 04:41
ごーけんさん、お久しぶり..
by Sato Mitoko at 16:31
SP300用になりますが..
by ja8cte at 12:03

フォロー中のブログ

Katyanのオーディオ...
みなと横浜、音楽・オーデ...
By The Thames
Gladius Dei
オーディオのこと
川村奈菜さんの応援HP
Appelez-moi ...
Horizontal P...
ヴァイオリニスト大島莉紗...
My Photo Square

外部リンク

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

記事ランキング

ブログパーツ

デジタル・ディレイの製作[2]

e0022175_0501061.jpg製作開始後、2週間でなんとか動くまでになりました。ケースは手のひらに乗るくらいのコンパクトなものを見つけたので、それを流用しました。前面右のツマミは音量、左がディレイ時間調整用です。




e0022175_0524481.jpgオーディオアンプはアナログICのLM380ステレオがあったので、前段のLM324で位相反転回路を組み、BTL出力にしました。電源が12Vなので、8Ωのスピーカーなら計算上は2x4=8Wの出力が得られます。リアスピーカーを直列に繋いで駆動させるので、モノラル・アンプで充分です。
e0022175_0583460.jpgリアパネルは元の製品のロゴが入っていたりします。最も苦労したのは、ATtiny26Lのクロック変更方法を知ることでした。出荷時は1MHzに設定されており、この場合は断続的なノイズ混じりの金属的な音しか出ませんでした。
マニュアルには8Mhzまでとあったので、26L⇒tiny26を買わなければ・・・と思ったのですが、内部フューズ設定を「PLL使用」に切り替えて、何とか16MHzを達成しました。その間に、シリアルライタの書込み条件を間違えて、tiny26Lを1個オジャンにしました。パラレル型のライタなら復旧できると分かったのですが、@280円と安価なので、足を切り取って予備に買っておいたものと入れ替えました。
e0022175_20595549.jpg

音はまだ少しノイズ混じりですが、ディレイ時間を多め(100~300msec)にすると、なかなか良い雰囲気で音楽を楽しめそうです。この装置ではmax 1700msecまで調整できるので、お遊びにも使えて楽しいです。さらにノイズ対策などを施して、実用になるところまで手を入れようと思っています。
by ja8cte | 2006-05-25 01:16 | Comments(1)
Commented by ja8cte at 2006-07-08 23:55
デジタルディレイ装置がようやく実用となるレベルに達しました。マイコンの発するノイズが無視できない量だったので、5kHzローパスフィルタを4段くらい入れたのですが駄目でした。そこで考え方を変えて、S/N比のSを上げる方向に目を向けて、初段のLM324で30dBほど増幅させることにしました。結果は大成功、考えてみればプリ出力はボリュームで音量を絞ったあとの信号なので、デジタル処理するにはレベルが低すぎだったようでした。
まずまずの音になってきたので、リア・スピーカーも、さらにマグネットの大きなものと交換しました。BOX自作はしんどかったです。機会があれば写真をアップしようかと思っています。