Classic音楽、Audio、写真などの趣味を綴る


by ご~けん

プロフィールを見る

My Link

タグ

(82)
(74)
(58)
(49)
(49)
(40)
(37)
(31)
(27)
(27)
(24)
(24)
(21)
(19)
(16)
(15)
(12)
(7)
(3)

最新のコメント

ヨハン・ボータ亡くなって..
by ja8cte at 07:51
コメントありがとうござい..
by ja8cte at 04:41
ごーけんさん、お久しぶり..
by Sato Mitoko at 16:31
SP300用になりますが..
by ja8cte at 12:03

フォロー中のブログ

Katyanのオーディオ...
みなと横浜、音楽・オーデ...
By The Thames
Gladius Dei
オーディオのこと
川村奈菜さんの応援HP
びーぐるな日々
Appelez-moi ...
Mahalo Saito...
Horizontal P...
ヴァイオリニスト大島莉紗...
My Photo Square

外部リンク

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
more...

記事ランキング

ブログパーツ

ジャクリーヌ・デュプレ

e0022175_1052415.jpg映画「ほんとうのジャクリーヌ・デュプレ」が放映されましたので、改めてライブラリに追加しました。




e0022175_1074045.jpg映画は以前ビデオレンタルで見たものでしたが、それと共に思い出すのはNHKで随分前に放映された、「シューベルトのます」です。デュプレ、バレンボイム、メータ、パールマン、ズーカーマンと言う豪華なメンバーで演奏会を開く前後のドキュメンタリは、本当に楽しそうなシーン満載でした。
e0022175_10201886.jpg右の写真はナンと、メータがコントラバスを担当しているのです。映画だけですと、バレンボイムが一人悪者になってしまったりもするのですが、そうではない真実のドキュメンタリが残っていることを知ってほしいと思います。
e0022175_10195534.jpgバレンボイムと結婚して間もないデュプレは世界中を飛び回っていました。この映像では、まだ体の不調は感じられません。N響の会員だった1970-75ころに、バレンボイムの指揮によるチェロチクルスが組まれていました。しかし彼女は来日できず、バレンボイムのピアノ演奏に変更されました。代役の指揮者は、森正さんだったように思います。
e0022175_10343120.jpge0022175_10342076.jpgメータ、ズーカーマンも結婚したばかりでした。メータの奥さんは女優さんでしょうか。ズーカーマンは、まだ21歳だったのですね。
e0022175_10391853.jpge0022175_10392840.jpg本物のお母さんも登場しました。楽屋裏の様子を見るだけでも、この映像の価値は大変なものと思います。特にメータとパールマンの「二人羽織」ならぬ、二人弾きは大爆笑、演奏前にここまでリラックスできる姿に驚いたものでした。
by ja8cte | 2006-04-16 10:15 | Comments(5)
Commented by snow_drop at 2006-04-18 23:07 x
ご〜けんさん、こんばんは。
私もしばらく前になりますが、映画、ドキュメンタリー共に観ました。
若く元気だった頃のジャクリーヌの姿が今も目に焼きついて忘れられません。
そうそう、彼女の名前のついた美しいバラもあるのですよ。
Commented by dognorah at 2006-04-19 06:05
「鱒」は今準備中なので、たぶん今週中には見れる状態になります。私はまだ見たことがないので記事を参考に楽しみたいと思います。
Commented by ja8cte at 2006-04-20 00:37
snowさん、dognoさん、コメントありがとうございます。大学生になって初めてクラシック音楽を再認識したころのことですが、デュプレやアルゲリッチがさっそうと登場した時のことが思い出されます。デュプレのドキュメント映像は、もうひとつ手持ちがあるので、次回にでも記事を書いてみますね。
Commented by romani at 2006-05-03 23:08 x
こんばんは。
この映画は、昔wowwowで放映した時に見ましたが、なんだか生々しすぎて最後までみるのが辛かったです。
でもきっと本当の話なんでしょうね。彼女のあのテンションの高い、でも豊かな大らかな音楽からはあまり想像できない(したくない)ような場面もありました。
GW中に、ビデオを引っ張り出して、久しぶりに見てみます。
Commented by ja8cte at 2006-05-04 03:00
romaniさん、この映画はジャッキーとお姉さんとの心のつながりをテーマとして、脚本などはお兄さん(だったかな?)が制作したものだったような気がします。デュプレ本人が感じていたバレンボイムに対する気持ちについて、本当のところは分かりませんが、家族から見たら結構厳しい見方があるのかもしれませんね。
PS. 素晴らしいWIEN紀行、しっかり読ませていただいてますよ!!