Classic音楽、Audio、写真などの趣味を綴る


by ご~けん

プロフィールを見る

My Link

タグ

(79)
(67)
(54)
(49)
(47)
(40)
(37)
(31)
(27)
(27)
(24)
(24)
(21)
(19)
(15)
(15)
(12)
(7)
(3)

最新のコメント

SP300用になりますが..
by ja8cte at 12:03
Facebookに今年5..
by ja8cte at 09:57
こんにちは。ご部刷してお..
by desire_san at 18:26
ありがとうございます。 ..
by 池田 at 22:00

フォロー中のブログ

Katyanのオーディオ...
みなと横浜、音楽・オーデ...
By The Thames
Gladius Dei
オーディオのこと
川村奈菜さんの応援HP
びーぐるな日々
Appelez-moi ...
Mahalo Saito...
Horizontal P...
ヴァイオリニスト大島莉紗...
My Photo Square

外部リンク

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

記事ランキング

ブログパーツ

レクイエムat小田原(神奈川フィル)

e0022175_18332695.jpgモーツァルトのレクイエムを聴きに、小田原市民会館へ家内と出かけました。ハンス・マルティン・シュナイト指揮の神奈フィルで、ソリストは澤畑恵美、竹本節子、近藤政伸、黒木純の皆さんです。



澤畑さんの歌は何度か聴いていますが、前回は秦野でオラトリオ「四季」だったように思います。最初は東京芸術劇場での第九でしたが、あれから十年以上経っているような気がします。今回のソリストはいずれも大変洗練された歌声で、素晴らしい方ばかりでした。
e0022175_19554992.jpg指揮者のシュナイトさんは、カール・リヒターの後にミュンヘン・バッハ合奏団/合唱団を引き継いだ方とあり、2002年から神奈フィルの客演として活躍されているようです。演奏の途中で起きた拍手に対して、「最後まで静かに聴いてね」とコメントされたり、演奏終了後に合唱団メンバーと腕組みしたりと、人間味あふれる方と見受けられました。
そして神奈フィル合唱団が素晴らしい演奏を聞かせてくれました。プロではないのですが、堀俊輔さんが指導/結成されたと言うことで、ナルホドと思いました。2曲目のアヴェ・ヴェルム・コルプスは声をグッと抑えた美しいメロディを表現していました。モツレクでは持ち前の力を存分に発揮した、凄い歌唱でした。ホールは決して良い音響ではないのですが、揺れ動く音楽と美しく力強い演奏に圧倒されました。モツレクって美しいだけではないんだ、人生の悩み・夢・力など全ての思いが込められているんだ、と初めて気が付きました。シュナイトさん、演奏してくれたみなさん、ありがとう。素晴らしい音楽経験に感謝の気持ちでいっぱいです。
e0022175_1859059.jpg

by ja8cte | 2006-02-05 19:01 | Comments(3)
Commented by yurikamome122 at 2006-02-05 19:46
TB感謝です。ハプニングがあったのですね。でも満足のいくコンサートだった様子、あの世界をお聴きになったことを、そういう方がいらしたことを嬉しく思ったりします。私もこれからシュナイトさんから目を離せません。今後ともよろしくお願い致しますね。
Commented by alice at 2006-02-09 12:47 x
札幌は今雪祭りです。道産子なのに寒がりですが、この時期だけはシバレタ(この意味わかりますよね?)ほうが雪像が良い状態を保てるので寒くても我慢です。

家人の入院などで今年はまだコンサートに行く余裕がありませんが、ごーけんさんはモーツァルトをお聴きになられたのですね。
レクイエムとかミサ曲K427が格別に好きです。生の演奏が聴きたいと思っていたところにこのTOPIXです。シュナイトさん、札幌にもいらしてくださ~い!!

今年のラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンはモーツァルト一色とチケット屋さんから知らせが来ました。チケット代の安いのに惹かれて、ふらふらと申し込んでしまいました。(汗)
Commented by ja8cte at 2006-02-11 13:42
ゆりかもめさん、ブログをいつも見せていただいています。こちらこそよろしくお願いいたします。
アリーチェさん、ご主人の容態はいかがでしょうか。昨日はN響のK427ミサ曲の放映がありましたね。半田美和子さんの歌が聞けて最高でした。確かお正月に録画したカタルーニャ音楽堂のモツレクと共に演奏されたのも、これだったような気がします。「毎日モーツァルト」の番組も欠かさず見ています。まさにモーツァルト一色の年になりそうです。