Classic音楽、Audio、写真などの趣味を綴る


by ご~けん

プロフィールを見る

My Link

タグ

(84)
(61)
(58)
(51)
(50)
(40)
(34)
(31)
(31)
(27)
(27)
(24)
(22)
(21)
(19)
(16)
(15)
(12)
(7)

最新のコメント

ヨハン・ボータ亡くなって..
by ja8cte at 07:51
コメントありがとうござい..
by ja8cte at 04:41
ごーけんさん、お久しぶり..
by Sato Mitoko at 16:31
SP300用になりますが..
by ja8cte at 12:03

フォロー中のブログ

Katyanのオーディオ...
みなと横浜、音楽・オーデ...
By The Thames
Gladius Dei
オーディオのこと
川村奈菜さんの応援HP
Appelez-moi ...
Horizontal P...
ヴァイオリニスト大島莉紗...
My Photo Square

外部リンク

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
more...

記事ランキング

ブログパーツ

マリインスキーオペラ「ジークフリート」

e0022175_22541229.jpg1/21(土)の公演に出かけました。当日はあいにくの大雪、ひとつ早い新幹線に乗りましたが、新横浜付近では住宅の屋根にもこんもり積もるほどでした。東京文化会館でも休憩のたびに外の景色が変わるほどの降りでした。




マリインスキーオペラを観に行くのは2003年の「オネーギン」以来ですが、会場はほぼ満席の人達が詰めかけてきました。ワーグナーの指輪を実演で聴くのは、飯森さんとシティフィルの「神々の黄昏」に続いて2度目になります。5時間半の公演時間に45分ずつ2回の休憩がありました。予習は1991-2年のバイロイトを第1幕のみ見てから行きました。今回の演出はゲルギエフ自らが構想を練ったものだそうですが、大掛かりな「貼り子」が宙に浮かび、光の技術をふんだんに使っていると聞きました。しかし実際はバイロイトなどと比べて、とてもシンプルな構成だったように思います。

e0022175_23113499.jpg配役は、ジークフリート(レオニード・ザホジャーエフ)、ミーメ(ヴァシリー・ゴルシュコフ)、ヴォータン(エフゲニー・ニキーチン)、エルダ(ズラータ・ブルィチェワ)、ブリュンヒルデ(ミラーナ・ブターエワ)などの顔ぶれでした。ニキーチンは2003年公演で「ボリス・ゴドゥノフ」のタイトルロールを、ブルィチェワは「戦争と平和」のソーニャ役を演じたようです。あのネトレプコがドタキャンした時の公演です。
いずれも素晴らしい歌唱力を披露してくれました。特にジークフリートはその若さ一杯の声と歌で存在感を示してくれたように感じました。またミーメ役は高音の伸びた素晴らしい声で魅了されました。アメリカ映画の魔法使いとして出てくるような凝ったメーキャップでビックリしましたが、ジークフリートで重要な役柄にピッタリだったと思います。最後に登場したブリュンヒルデ役のブターエワ、名前から想像できない美しい人でした。バレエのペレンに似ているようにも思いましたが、ややメゾ的な音域ですが良く通る声で、時折はPAが飽和するほどの力強い絶叫も聞かれました。

e0022175_2335136.jpg長時間の演奏を飽きることなく楽しめたのは、やはりゲルギエフの力ではないかと思います。「音楽は楽しめるものでなくてはならない」この言葉がいつも頭をよぎりますが、まさにそれを実践している彼の意気込みが伝わってくるようでした。特に第3幕のブリュンヒルデが登場するころから、私は暫し音楽に浸る至福の時間を味わいました。あのジークフリートの牧歌のメロディ、そしてワルキューレの主題が流れてくるとき、何とこの公演は音楽が美しいのだろうかと感じました。
舞台がどんどんシンプルに、また抽象化された演出が多くなってきたと思われる昨今ですが、それは総じて「オペラに音楽を取り戻そう」と言う意気込みの現れではないでしょうか。マリインスキーの弦の響き、弓と弦の擦れる音が言葉に表わせないほど美しく、また管楽器の鳴りっぷりは申し分なく、一味違ったワーグナー(あるいは本来のワーグナー)を表現してくれたと思いました。
今回のチクルスは合間にコンサートもぎっしり詰まっていて、殺人的なスケジュールになっていますが、ぜひ我々に音楽の楽しみを最後まで伝えてほしいと思いました。

e0022175_23565474.jpg

by ja8cte | 2006-01-21 15:00 | Comments(6)
Commented by alice at 2006-01-24 14:07 x
大雪のなか上京されての観劇で、お疲れさまでした。そちらの雪はもう姿を消していることでしょうが・・・こちらは窓の外は吹雪、そして厳しい寒さが続いています。

灯油が高い~!!と言いながらも、変わらずガンガン暖房を効かせた部屋でマリンスキーのレポート楽しませていただきました。
他ではあまり良い感想が聞かれなかったので、ごーけんさんの感想を拝見して一安心です。写真も綺麗ですね。

ゲルギエフはオペラを観はじめた頃からのファンですが、一昨年に続いて、今年のPMFでも音楽監督を務めて下さるそうなので、気になっていました。ありがとうございました。
Commented by ja8cte at 2006-01-24 21:47
aliceさん、早速コメントをありがとうございました。確かに他のブログでは評判がイマイチのようですが、それぞれの人が求めるものが違うのですから、それも良いかなと思います。こちらは雪がほとんど積もらなかったのですが、職場のある港区周辺はまだ相当な雪が残っています。ゲルちゃんのPMFは、また行って見たいと思います。ぜひ情報交換してください。
Commented by miken_001 at 2006-01-25 09:25 x
今日は 私は第1サイクルで観てきました
其方は、雪の中大変でしたね
ジークフリート 特に3幕は良かったですね。
Commented by ja8cte at 2006-01-25 21:39
mikenさん、コメントありがとうございます。やはり第3幕ですよね!
実はそのまま終わったらどうしようかと、2度目の休憩まで心配でした。雪もどんどん積もってくるし・・・。でも行った甲斐がありました。ゲルギエフがこれからどこまでワーグナーを取り上げて行こうとするのか、ワッチしたいと思っています。
Commented by alice at 2006-01-26 16:35 x
PMFの開催される札幌の7月、ホントに天国みたいに爽やかな夏ですものね。また、ぜひ!!お出かけくださいませ。
昨年は4公演に通いましたが、ある公演での隣席の70代の女性は全公演のチケットを買われたそうで・・・負けました。
今年はPMFのため?に7月は旅に出ないでおとなしくしています。(^^;)
Commented by ja8cte at 2006-01-26 22:09
aliceさん、北海道にお住まいでしょうか。私のログイン名は北海道に住んでいたときの無線局コールサインです。PMFは一昨年の東京公演を見ましたが、あれ以来、ショスタコ11番は好んで聴くようになりました。サントリーホールのステージすぐ横から、その指揮振りをバッチリ楽しんだのを思い出しました。