Classic音楽、Audio、写真などの趣味を綴る


by ご~けん

プロフィールを見る

My Link

タグ

(82)
(74)
(58)
(49)
(49)
(40)
(37)
(31)
(27)
(27)
(24)
(24)
(21)
(19)
(16)
(15)
(12)
(7)
(3)

最新のコメント

ヨハン・ボータ亡くなって..
by ja8cte at 07:51
コメントありがとうござい..
by ja8cte at 04:41
ごーけんさん、お久しぶり..
by Sato Mitoko at 16:31
SP300用になりますが..
by ja8cte at 12:03

フォロー中のブログ

Katyanのオーディオ...
みなと横浜、音楽・オーデ...
By The Thames
Gladius Dei
オーディオのこと
川村奈菜さんの応援HP
びーぐるな日々
Appelez-moi ...
Mahalo Saito...
Horizontal P...
ヴァイオリニスト大島莉紗...
My Photo Square

外部リンク

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
more...

記事ランキング

ブログパーツ

CITYフィル304定期、ベートーヴェンとバルトーク

e0022175_923922.jpg曲目
ウェーベルン:パッサカリア 作品1
ベートーヴェン:交響曲第4番 変ロ長調 作品60
バルトーク:管弦楽のための協奏曲
指揮:鈴木 雅明


バッハ・コレギウム・ジャパン+モイツァ・エルトマンの演奏を聴いて以来、CITYフィルでも2度目くらいの鈴木雅明さん指揮のコンサートです。アーノンクールがマーラーやブルックナーなども取り上げていたような気持ちで、指揮されているのかもしれませんね。




配布されたテキストを読んでみたら、ウェーベルンはナチスの迫害に追い回されながらもオーストリーに残り、終戦当時に米兵に間違って射殺されたそうです。バルトークは米国に逃れて、病床の中でこの曲を完成させたとか、、。

今回のCITYフィルは管楽器群も充実し、素晴らしい響きを聴かせてくれました。鈴木さんの引き締まった指揮ぶりにも感動しました。まさに生のみで味わえる迫力の音楽、そしてオペラシティの音響に、毎回大いに楽しませてもらっています。

双翼型のオケ配置にもかかわらず、コントラバスが右側から聞こえるような響きにも驚きました。開始前からコントラバス全員とハープ2名での音合わせ、この曲にかける熱意が伝わってきました。
by ja8cte | 2017-02-18 14:00 | Comments(0)