Classic音楽、Audio、写真などの趣味を綴る


by ご~けん

プロフィールを見る

My Link

タグ

(84)
(59)
(58)
(49)
(49)
(40)
(34)
(31)
(31)
(27)
(27)
(24)
(22)
(21)
(19)
(16)
(15)
(12)
(7)

最新のコメント

ヨハン・ボータ亡くなって..
by ja8cte at 07:51
コメントありがとうござい..
by ja8cte at 04:41
ごーけんさん、お久しぶり..
by Sato Mitoko at 16:31
SP300用になりますが..
by ja8cte at 12:03

フォロー中のブログ

Katyanのオーディオ...
みなと横浜、音楽・オーデ...
By The Thames
Gladius Dei
オーディオのこと
川村奈菜さんの応援HP
Appelez-moi ...
Horizontal P...
ヴァイオリニスト大島莉紗...
My Photo Square

外部リンク

以前の記事

2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
more...

記事ランキング

ブログパーツ

モイツァ・エルトマン(Sp)王子ホールリサイタル

e0022175_1051972.jpg※写真は彼女のFBから引用

モイツァ・エルトマン(Sp)
マルコム・マルティノー(Pf)

3度目の生コンサートになります。前回まではオペラシティ大ホールだったので、ここ360名定員の王子ホールでは、アットホームな歌声が聴けそうです。NHKの収録もあるようです(クラシック倶楽部?)




あの透き通った美しい声に、力が加わったような感じがしました。2年前の来日コンサート後にも、名だたる歌劇場でばらの騎士、フィデリオなど、NHKでもいくつかのオペラが放映されました。※もちろん、もう少し前のベルク「ルル」、バレンボイム指揮が強烈な記憶に残っているのですが、、、

今夜の衣装はベージュ系、まさにギリシャの女神の出で立ちでした。ハイヒールは5cmくらいでしょうか、長身の彼女を最前列で見ていると、その美しさにも惹かれてしまいます。

プログラムは凝りに凝ったものでした。配られた冊子で、広瀬大介さんの解説を読み、その意図した内容には驚きました。歌うだけではない、本物の音楽家の域に達したのかもしれない・・・

演出もなかなか素晴らしく、ライマンの作ではスポットライトのみ、伴奏なしでの強烈な歌声が、、。リームのオフィーリアでは、マルティーノさんの掛け声も加わりました。ピアノ伴奏は決して出過ぎることもなく(※イタマール・ゴランは、いつもやり過ぎ(^^))、歌手を支え、引き立たせる名演でした。最高のコンサートに巡り会えて、今夜はエキサイトした日になりました。

曲目
R.シュトラウス:8つの歌(『最後の花びら』より)より もの言わぬ花 Op.10-6
モーツァルト:すみれ K.476
R.シュトラウス:6つの歌より 花束を編みたかった Op.68-2
シューベルト:野ばら 0p.3-3, D257
R.シュトラウス:8つの歌(『最後の花びら』より)より サフラン Op.10-7
シューマン:6つの詩より 重苦しい夕べ Op.90-6
R.シュトラウス:6つの歌より [第1部]オフィーリアの歌
 愛するひとをいかに見分けよというのか Op.67-1
 おはよう、今日は聖ヴァレンタインの日 Op.67-2
 女はむき出しで棺にのせられ Op.67-3 
リーム:オフィーリアは歌う
********** 休憩 **********
ライマン:ハインリッヒ・ハイネの4つの詩による連作歌曲『オレア』第2曲 ヘレナ
R.シュトラウス:8つの歌(『最後の花びら』より)より 夜 Op.10-3
シューマン:6つの詩より追加 レクイエム Op.90bis
R.シュトラウス:8つの歌(『最後の花びら』より)より 万霊節 Op.10-8
シューベルト:万霊節の日のための連祷 D.343
R.シュトラウス:5つの歌より 私の漂う Op.48-2
メンデルスゾーン:6つの歌より 歌の翼に Op.34-2
R.シュトラウス:5つの小さな歌より 星 Op.69-1
ライマン:ハインリッヒ・ハイネの4つの詩による連作歌曲『オレア』第4曲 かしこい星たち
e0022175_10531592.jpg

by ja8cte | 2016-04-22 19:00 | Comments(0)