Classic音楽、Audio、写真などの趣味を綴る


by ご~けん

プロフィールを見る

My Link

タグ

(82)
(74)
(58)
(49)
(49)
(40)
(37)
(31)
(27)
(27)
(24)
(24)
(21)
(19)
(16)
(15)
(12)
(7)
(3)

最新のコメント

ヨハン・ボータ亡くなって..
by ja8cte at 07:51
コメントありがとうござい..
by ja8cte at 04:41
ごーけんさん、お久しぶり..
by Sato Mitoko at 16:31
SP300用になりますが..
by ja8cte at 12:03

フォロー中のブログ

Katyanのオーディオ...
みなと横浜、音楽・オーデ...
By The Thames
Gladius Dei
オーディオのこと
川村奈菜さんの応援HP
Appelez-moi ...
Horizontal P...
ヴァイオリニスト大島莉紗...
My Photo Square

外部リンク

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
more...

記事ランキング

ブログパーツ

ネトレプコのトラヴィアータ

e0022175_10531268.jpg楽しみにしていた放映が昨日BS-hiでありました。NHKには本当に感謝です。

舞台は2005年ザルツブルグ音楽祭、収録は8/7でした。




e0022175_10565897.jpg彼女のリサイタルを昨年4月のサントリーホールで聴いて、それまでの認識を一新したこともあり、評判の椿姫がこんなに早く映像で見れるとは思ってもいませんでした。ミュンヘン、ロンドンのブログ友達から教えていただいていた公演そのままを楽しむことができました。

e0022175_10573624.jpgこの音楽祭に相応しい(?)斬新な演出の元、なにもない舞台に悲劇が展開されて行きます。大きな時計は残された時間を示すとか・・・、あとはソファーがいくつか置かれているだけでした。共演としてアルフレード役のビヤゾン、ジェルモン役のハンプソン、いずれも素晴らしい声を聞かせてくれました。ビヤゾンは評判通り、その熱のこもった歌と演技は抜群でした。ハンプソンも予想以上に上手い歌声でした。もう少し真剣さもほしかったような・・・・いずれにしてもこの3人の存在が、なにもない舞台での中心役となって聴衆を惹きこんだものと思いました。

e0022175_10583082.jpgさてネトレプコですが、その声も歌も演技も全てが最高だったように思います。ウィーン国立の椿姫とは全く異なる演出を、ここまで演じこなす才能をまざまざと感じました。この音楽祭の公演は、彼女なしでは成り立たないと思いました。
確かにオーソドックスな舞台と演出でも、泣けてくるような感動を表現していたのですが、この舞台では激しく力のある声が一際、その効果を上げていたように思いました。カーテンコールに入ると、客席は総立ちになりました。ところが舞台裏(ソデの様子がカメラで映し出された)の彼女は実にアッケラカンとしているのです。ヤッタ!と言わんばかりの姿は本当に可愛らしく、また演技と気持ちを切り替える早さにもビックリしました。さきほどまでのヴィオレッタは、この人だったのかな?と思うくらいでしたが、それだけに演技に集中する時の彼女の凄さを、まざまざと感じた次第です。
e0022175_9225564.jpg

by ja8cte | 2006-01-03 11:32 | Comments(19)
Commented by dognorah at 2006-01-03 21:07
早速のレポート、楽しく読ませていただきました。私はラジオで聴いただけですが、ネトレプコもビヤゾンもすばらしい歌唱でしたね。つい先日聴いたメトのリゴレットでの二人の出来はこれほどじゃなかったと思います。彼女は今年1年はロンドンに来る予定がないので、今年のザルツブルグに行こうと思って切符の申し込みをしました。当るかどうかわかりませんが。
Commented by romani at 2006-01-03 21:15 x
ご~けんさま
ほんと良かったですね。あの演出も賛否両論あったようですが、私は好きです。映像がとても美しかったことにも感激です。
この上演は、絶対映像付で観るべきですよね。
ご~けんさんが仰るように、NHKに感謝です。
Commented by ja8cte at 2006-01-03 22:11
dognoさん、こちらへのコメントまでいただいてありがとうございました。彼女はその後、ウィーンで「愛の妙薬」を演じたはずですね。私は6月メトのチケットを何とか購入しました。その後がザルツでしょうか。磨り減らないよう、ますます大きな演技を目指すように応援したいと思います。またそちらの情報をお聞かせください。いろいろとありがとうございました。
PS. kalosさんは元気にしているのかな?
Commented by ja8cte at 2006-01-03 22:20
romaniさん、TBありがとうございます。私のブログからそちらに飛べるので、紹介する手間が省けて助かります。私はBS-hiが見れるようになって一年ほどですが、うれしいやら申し訳ないような気持ちやら、これはぜひ多くの方に味わってもらいたいですよね。こんなに美しい旋律を2時間以上にわたり、ネトレプコの歌で楽しめただけでも感激です。次回は生にチャレンジします。本当に楽しみです。
Commented by snow_drop at 2006-01-03 22:31 x
ご〜けんさん、こんばんは。ネトレプコのヴィオレッタ素晴らしかったですね!(^^)昨夜はテレビにくぎ付けになってました。舞台袖でのお茶目な素顔、昨年のリサイタルでの彼女を思い出しました。私も追ってブログに記事を書きたいと思いますので、よろしくお願いいたしますね。
Commented at 2006-01-04 10:45
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ja8cte at 2006-01-04 21:37
snowさん、昨年のネトレプコ談義が思い出されますね。女性から見たザルツのネトレプコ、楽しみにしています。
Commented by dognorah at 2006-01-04 22:03
ご~けんさんのコメントにありましたPSですが、kalosさんはYahooに戻られたようです。http://blogs.yahoo.co.jp/kalos1974/
Commented by snow_drop at 2006-01-05 20:31 x
ご〜けんさん、こんばんは。
遅ればせながら、TBをさせていただきました。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
Commented by YASU47 at 2006-01-09 17:17 x
ご~けんさま。
初めまして。新たにブログを立ち上げたばかりのYASU47です。TBをさせていただきました。椿姫は私もネトレプコに釘付けとなりました。これからも様々のレビュー記事を楽しみにしています。
Commented by alice at 2006-01-11 15:59 x
ごーけんさん、こんにちは。オーディオのアドバイスありがとうございました。そういえばビックカメラに細いスピーカーが並んでいるコーナーがありましたね。あれは部屋の後ろにも置かなくてはいけないのかと思っていましたが、ごーけんさんの写真では4つのスピーカーはTVの両脇に並んでいますね。

「椿姫」の後はグラインドボーンの「こうもり」リセウの「オルフェオ」と続きましたね。週末のシャトレ「トロイの人々」が楽しみです。地方に住んでいますし、家人の看病もありキーロフのリングを見られないのがとても残念です。
今月の末からモーツアルトが続々放映されるのが楽しみですね!!
Commented by ja8cte at 2006-01-11 23:20
aliceさん、B&Wは友人が使っていることもあって、私がほしいなと思うスピーカーです。リア・スピーカーは、そのあとで考えても良いと思います。
ところでTV番組が目白押しですね。アレンのこうもりは家内と一気に観てしまいました。彼のベックメッサー役を見てから、すっかりファンになりました。オルフェオは録画しただけ、トロイはどうしようかなと思っていましたが、録画セットしてみます。週末はジークフリートの予習で終わりそうな感じもしています。またいろいろ情報ください。これからもよろしく。
Commented by Orfeo at 2006-01-11 23:31 x
TB返し、ありがとうございます。
年明けから、NHK-BSも気合が入ったラインナップですよね。またいろいろと楽しめそうで嬉しい限りです。
大変遅くなりましたが、どうぞ本年もよろしくお願いします。
Commented by dognorah at 2006-01-14 09:48
ご~けんさん、このビデオは2回通して見て、予定のロイヤルオペラを見に行きました。ロイヤルの伝統的な演出と舞台も大好きですが、ザルツブルグのも新鮮でいいですね。演出はいろいろヴァリエーションがあっていいと思っています。芸術家の考える深遠な表現に触れることが出来るわけですから。ロイヤルオペラの字幕を読んでいて、ザルツブルグが歌詞の内容を変えていることに気付きましたが、ちょっとびっくりです。
Commented by ja8cte at 2006-01-14 20:17
字幕も芸術の一部と思えば良いのでしょうね。特に日本語の字幕を考える人は苦労するものと思います。それともイタリア語の時点で手を加えていたのかな。
話は飛びますが、日本でポピュラー音楽が流行り始めたころの訳はまるで違う曲になったりもしましたし、「すきやき」の例はちょっと違うかもしれませんが・・・。
オペラの場合ですが、英語の字幕は一般的な話、いかがでしょうか?
Commented by dognorah at 2006-01-15 01:00
訳の問題ではなく、ジプシーが占う相手は原作ではフローラであるところ、ザルツではアルフレードにしていたり、といった類です。したがって必然的に台詞も変わるわけです。
英語の字幕は映画の場合も言えることですが、表示されている時間が私には短過ぎます。速読の訓練が必要ですね。現地人は会話のスピードで読めますからね。
Commented by ja8cte at 2006-01-18 00:37
確かに筋書きは、アレッと思うところがいくつかありましたね。奥さんの目の前で「財産処分」の話がでたりと・・・(dognorahさん)。
そしてYASU47さん、再度のTBありがとうございました。昨年の4月ころからネトレプコの話題で盛り上がったみなさんからも、たくさんTBしていただいて嬉しいです。
Commented by miyabi at 2006-05-08 00:27 x
こんにちは、僭越ながらTBさせていただきました。
本日教育テレビでザルツブルクのトラヴィアータ再放送でしたね。わたしはネトレブコ最近になって知ったのですが、彼女のパワーに魅了されてしまいました。またちょこちょこお邪魔致しますのでよろしくお願いします。
Commented by ja8cte at 2006-05-09 09:21
miyabiさん、初めまして。コメントありがとうございました。教育テレビは見なかったのですが、解説者のコメントがどんなだったか知りたくなりました。ハイライト版でも彼女の迫力はバッチリ伝わったのでしょうね。こちらこそよろしくお願いいたします。