Classic音楽、Audio、写真などの趣味を綴る


by ご~けん

プロフィールを見る

My Link

タグ

(79)
(67)
(54)
(49)
(47)
(40)
(37)
(31)
(27)
(27)
(24)
(24)
(21)
(19)
(15)
(15)
(12)
(7)
(3)

最新のコメント

SP300用になりますが..
by ja8cte at 12:03
Facebookに今年5..
by ja8cte at 09:57
こんにちは。ご部刷してお..
by desire_san at 18:26
ありがとうございます。 ..
by 池田 at 22:00

お気に入りブログ

Katyanのオーディオ...
みなと横浜、音楽・オーデ...
By The Thames
Gladius Dei
オーディオのこと
川村奈菜さんの応援HP
びーぐるな日々
Appelez-moi ...
Mahalo Saito...
Horizontal P...
ヴァイオリニスト大島莉紗...
My Photo Square

外部リンク

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

記事ランキング

ブログパーツ

CITYフィル290定期、ベートーベンで真価を問う

e0022175_17403484.jpg曲目
オネゲル:交響曲 第2番(弦楽のための交響曲)
ニールセン:フルート協奏曲
ベートーヴェン:交響曲 第5番 ハ短調 作品67

指揮:高関 健 (常任指揮者)
フルート:竹山 愛


演奏前の高関さんによるプレトーク、オネゲルの最終楽章で入るトランペットのお話出てきましたが、弦パートだけの演奏が続いた後だったので、鮮烈な印象を持ちました。




e0022175_17404596.jpgフルートの竹山さん、愛らしい姿での登場でしたが、演奏に入るとキリッとした表情で素敵な音色を聴かせてくれました。フルートのソリストとしては、だいぶ前に高木綾子さんとハープの吉野さんの時を思い出しますが、今回の曲はオケにはフルートがいない構成で、なかなか面白かったです。

そして高関さんの解釈に期待を寄せた「運命」。その期待通りの演奏でした。キビキビとしているけれどもギスギスしていない、、カラヤンともクライバーとも違う素晴らしさでした。プレトークによると今回の譜面はウィーン初演を再現したものとか、、。その譜面は残っていないのですが、最近の研究から既存のものとの違いが明らかになりつつあるそうです。※私には違いが分かりませんでしたが(^^
by ja8cte | 2015-06-05 19:00 | Comments(0)