Classic音楽、Audio、写真などの趣味を綴る


by ご~けん

プロフィールを見る

My Link

タグ

(80)
(69)
(55)
(49)
(48)
(40)
(37)
(31)
(27)
(27)
(24)
(24)
(21)
(19)
(16)
(15)
(12)
(7)
(3)

最新のコメント

SP300用になりますが..
by ja8cte at 12:03
Facebookに今年5..
by ja8cte at 09:57
こんにちは。ご部刷してお..
by desire_san at 18:26
ありがとうございます。 ..
by 池田 at 22:00

フォロー中のブログ

Katyanのオーディオ...
みなと横浜、音楽・オーデ...
By The Thames
Gladius Dei
オーディオのこと
川村奈菜さんの応援HP
びーぐるな日々
Appelez-moi ...
Mahalo Saito...
Horizontal P...
ヴァイオリニスト大島莉紗...
My Photo Square

外部リンク

以前の記事

2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

記事ランキング

ブログパーツ

CITYフィル278定期、ブルックナー7番

e0022175_7121860.jpg
J.ブラームス:運命の歌 作品54
A.ブルックナー:交響曲第7番 ホ長調(ノヴァーク版)
指揮:飯守 泰次郎
合唱:東京シティ・フィル・コーア、合唱指揮:藤丸 崇浩
毎年の飯守さんブルックナーは、いよいよ7番! 一番好きな曲です。




最初のブラームスにまず、うっとりしました。彼はワーグナーらのグループとは相対する立場にいたらしいですが、ブルックナーとはお茶したりの関係とか、尊敬を感じていたそうです。オペラシティホールで聴く歌声は格別、、素晴らしいシティ・フィル・コーアに拍手!

ブルックナーについては飯守さんのプレトークも参考になりました。敬虔なカトリック信者・オルガニストでもある彼が、ワーグナーの死に接して心からの哀悼の意を表した曲、また、彼の交響曲にしては珍しく初演で成功を収めた話も良かったです。

第1・2楽章はゆっくりし過ぎにも感じましたが、その後の盛り上がりは感動的でした。テンポより、強弱で表現してほしかったです。このホールはまさにブルックナー向けの音響、スクロヴァチェフスキとザールブリュッケンの名演もここでした。
e0022175_7122783.jpg

by ja8cte | 2014-04-15 19:00 | Comments(0)