Classic音楽、Audio、写真などの趣味を綴る


by ご~けん

プロフィールを見る

My Link

タグ

(84)
(61)
(58)
(51)
(50)
(40)
(34)
(31)
(31)
(27)
(27)
(24)
(22)
(21)
(19)
(16)
(15)
(12)
(7)

最新のコメント

ヨハン・ボータ亡くなって..
by ja8cte at 07:51
コメントありがとうござい..
by ja8cte at 04:41
ごーけんさん、お久しぶり..
by Sato Mitoko at 16:31
SP300用になりますが..
by ja8cte at 12:03

フォロー中のブログ

Katyanのオーディオ...
みなと横浜、音楽・オーデ...
By The Thames
Gladius Dei
オーディオのこと
川村奈菜さんの応援HP
Appelez-moi ...
Horizontal P...
ヴァイオリニスト大島莉紗...
My Photo Square

外部リンク

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
more...

記事ランキング

ブログパーツ

CITYフィル275定期、宮田大さん再登場

e0022175_1233932.jpgハイドン: 交響曲 第82番 ハ長調 Hob.I:82「熊」
ショスタコーヴィチ: チェロ協奏曲 第1番 変ホ長調 作品107
サン=サーンス: 交響曲 第3番 ハ短調 作品78「オルガン付き」
指揮:パスカル・ヴェロ
チェロ:宮田 大
オルガン: 新山 恵理




ハイドンが終わってから宮田大さんの演奏に入ったところで、緊張感と感動が訪れました。何と凄い気迫か、、、まるでロストロポーヴィチが乗り移ったようでした。その気迫は曲のラストまで続きます。初めて耳にするこの曲、、そんなこと関係ありません。生でまたこの演奏を聴いてみたくなりました。アンコールは無伴奏の「白鳥」、後半の交響曲を配慮したためでしょうか、、素晴らしく美しかったです。

そしてサン=サーンスのオルガン付き、この曲もCDで何度チェックしたか分からないくらいの、私にとってはオーディオ評価向け位置づけでした。しかしオペラシティホールのパイプオルガンは巨大で低音の太さがまるで違いました。アンコールにもこの曲の終楽章が・・粋なはからいでした。
e0022175_7364421.jpg

by ja8cte | 2013-12-13 19:00 | Comments(0)