Classic音楽、Audio、写真などの趣味を綴る


by ご~けん

プロフィールを見る

My Link

タグ

(82)
(73)
(58)
(49)
(48)
(40)
(37)
(31)
(27)
(27)
(24)
(24)
(21)
(19)
(16)
(15)
(12)
(7)
(3)

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by ja8cte at 04:41
ごーけんさん、お久しぶり..
by Sato Mitoko at 16:31
SP300用になりますが..
by ja8cte at 12:03
Facebookに今年5..
by ja8cte at 09:57

フォロー中のブログ

Katyanのオーディオ...
みなと横浜、音楽・オーデ...
By The Thames
Gladius Dei
オーディオのこと
川村奈菜さんの応援HP
びーぐるな日々
Appelez-moi ...
Mahalo Saito...
Horizontal P...
ヴァイオリニスト大島莉紗...
My Photo Square

外部リンク

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

記事ランキング

ブログパーツ

コジェナ&プリヴァーテ・ムジケatオペラシティ

e0022175_13513229.jpgマグダレーナ・コジェナ Magdalena Kožená
プリヴァーテ・ムジケ Private Musicke

前回のシティフィル定期は台風で諦らめたので、このチケットを取りました。コジェナーのコンサートは3回目でしょうか、、最初はMET来日公演ドン・ジョバンニ(ネトレプコも出た)、次はルツェルン音楽祭(ヤンソンス指揮)でした。




e0022175_23154415.jpg人間の声に勝る楽器はない、、特にコジェナーはメゾソプラノとかの肩書にとらわれない、独特の響く声ですし、それがホール一杯に満たされました。

私が気に入っているCDはバッハのアリア集でして、彼女のルーツがこのジャンルにあるように思っていました。もちろん、ペレアスとメリザンドのような大作を歌いこなすだけの力もあるので、100分にも及ぶコンサートを難なくこなしてくれました。

オペラでもなく、コンサートの一部でもなく、これだけたくさんの歌を一度に聴けて、本当に贅沢なひと時を過ごせたような気がします。

e0022175_23153256.jpg本日の衣装は真紅のものでしたが、少し少女っぽい雰囲気で、それがまた良く似合っていたと思います。楽器演奏のみの曲では、ステージ中央奥の椅子に座り、スポーツドリンクのような飲み物を口にしていました。かと思うと、すくっと立ち上がって演奏に加わったり、ステージ最前列で大きなポーズの熱唱に入ります。曲は同じようなメロディが多いようにも感じましたが、細かな変化や工夫もあって、楽しませてくれました。

楽器編成は下の写真からハープが無いくらいでしたが、コントラバスの存在は大きいです。また、打楽器がとても効果的でした(演奏もうまい!)。

終演後のロビーには、CDを買い求める方が大勢集まっていました。また、サイン会にも長蛇の列が続いている状況でした。このような演奏会は、オーケストラとは一味違った清々しさもあり、また訪れてみたくなりました。

e0022175_1353057.jpg
フィリッポ・ヴィターリ:美しき瞳よ*
F. Vitali: O bei lumi

シジズモンド・ディンディア:酷いアマリッリ*
S. D'India: Cruda Amarilli

ジュリオ・カッチーニ:聞きたまえ、エウテルペ、甘い歌を*
G. Caccini: Odi Euterpe, il dolce canto

ルイス・デ・ブリセーニョ:カラヴァンダ・チャコーナ
L. Briçeño: Caravanda Ciacona

タルクィーニオ・メールラ:今は眠るときですよ(子守歌による宗教的カンツォネッタ)*
T. Merula: Hor ch’è tempo di dormire(Canzonetta Spirituale)

ガスパール・サンス:カナリオス
G. Sanz: Canarios

シジズモンド・ディンディア:穏やかな春風がもどり*
S. D'India: Torna il sereno zeffiro

ビアージョ・マリーニ:星とともに空に*
B. Marini: Con le Stelle in Ciel

ジョバンニ・パオロ・フォスカリーニ:パッサメッゾ
G. P. Foscarini: Passamezzo

クラウディオ・モンテヴェルディ:苦悩はとても甘く*
C. Monteverdi: Sí dolce è íl tormento

ジロラモ・カプスベルガー:トッカータ・アルぺジアータ
G. Kapsberger: Toccata Arpeggiata

ジロラモ・カプスベルガー:わたしのアウリッラ*
G. Kapsberger: Aurilla mia

シジズモンド・ディンディア:ああどうしたら?もの悲しい哀れな姿でもあなたが好き*
S. D'India: Ma che? Squallido e oscuro anco mi piaci

ジロラモ・カプスベルガー:幸いなるかな、羊飼いたちよ*
G. Kapsberger: Felici gl'animi

ジョバンニ・パオロ・フォスカリーニ:シャコンヌ
G. P. Foscarini: Ciacona

バルバラ・ストロッツィ:恋するヘラクレイトス*
B. Strozzi: L'Eraclito amoroso

ガスパール・サンス:曲芸師
G. Sanz: Matachin

タルクィーニオ・メールラ:そう思う者はとんでもない*
T. Merula: Folle è ben che si crede

クラウディオ・モンテヴェルディ:ちょっと高慢なあの眼差し*
C. Monteverdi: Quel sguardo sdegnosetto
e0022175_13322058.jpg

by ja8cte | 2013-11-12 19:00 | Comments(0)