Classic音楽、Audio、写真などの趣味を綴る


by ご~けん

プロフィールを見る

My Link

タグ

(79)
(67)
(54)
(49)
(47)
(40)
(37)
(31)
(27)
(27)
(24)
(24)
(21)
(19)
(15)
(15)
(12)
(7)
(3)

最新のコメント

SP300用になりますが..
by ja8cte at 12:03
Facebookに今年5..
by ja8cte at 09:57
こんにちは。ご部刷してお..
by desire_san at 18:26
ありがとうございます。 ..
by 池田 at 22:00

お気に入りブログ

Katyanのオーディオ...
みなと横浜、音楽・オーデ...
By The Thames
Gladius Dei
オーディオのこと
川村奈菜さんの応援HP
びーぐるな日々
Appelez-moi ...
Mahalo Saito...
Horizontal P...
ヴァイオリニスト大島莉紗...
My Photo Square

外部リンク

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

記事ランキング

ブログパーツ

スクロヴァチェフスキ&読売日本交響楽団 演奏会

e0022175_1958471.jpg【出演】
指揮=スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ
ピアノ=ベルント・グレムザー

【曲目】
ショパン:ピアノ協奏曲第1番 ホ短調
ショスタコーヴィチ:交響曲第5番 ニ短調




ミスターSは、この10/3に90歳の誕生日を迎えました。もう10年くらい前、サントリーホールで聴いたベートーベン1番とブルックナー7番は、とても感動的なものでした。歩く姿はやや弱々しくなったかもしれませんが、しっかりと立って指揮をしておられました。それも素晴らしくアグレッシブな演奏でした。独特のルバートを効かせた節回しも好印象です。

母国ポーランドを偲んでのショパン、ピアニストでもあり作曲家でもあるミスターS、有名になったのは70歳を過ぎてからだそうです。あのザールブリュッケンと共演したブルックナーシリーズは、今でも語りぐさになっているようですが、それを生で聴いた友人の話を思い出しました。オペラシティコンサートホールが揺さぶられるような演奏だったそうです。

読響の指揮者として、アルブレヒトの後を引き継いだのも、かなり高齢になってからでした。今は桂冠名誉指揮者として面倒を見ているようです。しかし、読響も凄い!! さすが歴史のある大オーケストラと感じました。ブレのないしっかりとした演奏で、美しさや力強さなど全て兼ね備えているプロ集団と思いました。ミスターSが果たした貢献も、相当なものだったと思われますね。

池袋の芸術劇場は、ホールとして少し手を入れたようでして、パイプオルガンにカバーをしたような舞台でした。音響は、最初は音がコモッているかな?みたいな印象でしたが、ピアノの音が力強かったし、オケメンバーの気迫がそれを跳ね返したような迫力で楽しめました。※このシリーズに関連する情報はこちらにもあります。
by ja8cte | 2013-10-04 15:00 | Comments(0)