Classic音楽、Audio、写真などの趣味を綴る


by ご~けん

プロフィールを見る

My Link

タグ

(80)
(69)
(55)
(49)
(48)
(40)
(37)
(31)
(27)
(27)
(24)
(24)
(21)
(19)
(16)
(15)
(12)
(7)
(3)

最新のコメント

SP300用になりますが..
by ja8cte at 12:03
Facebookに今年5..
by ja8cte at 09:57
こんにちは。ご部刷してお..
by desire_san at 18:26
ありがとうございます。 ..
by 池田 at 22:00

フォロー中のブログ

Katyanのオーディオ...
みなと横浜、音楽・オーデ...
By The Thames
Gladius Dei
オーディオのこと
川村奈菜さんの応援HP
びーぐるな日々
Appelez-moi ...
Mahalo Saito...
Horizontal P...
ヴァイオリニスト大島莉紗...
My Photo Square

外部リンク

以前の記事

2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

記事ランキング

ブログパーツ

CITYフィル271定期、竹澤恭子さんのベルク

e0022175_15551162.jpgマーラー交響曲 第10番 嬰ヘ長調 より「アダージョ」
ベルク ヴァイオリン協奏曲
モーツァルト交響曲 第41番 ハ長調 K.551「ジュピター」
ヴァイオリン:竹澤 恭子
指揮:下野 竜也




下野さんのCITYフィルは2度目ですが、実に素晴らしい演奏でした。団員の心をしっかりと掴まえているようにも見えます。今回のオケ配列は両翼型だったのと、珍しくコントラバスが後方中央でした。※ウィーンフィルのニューイヤーコンサートみたい・・・
下野さんが左手と右手を交互にあげて、オケをコントロールして行きます。また、Vlaと2nd Vnが隣り合っているので、ビオラが通奏低音側についてるか、Vn側についているかが手に取るように分かって面白かったです。
ウィーンにちなんだ選曲は良くあるパターンかもしれませんが、今回の演奏順はなかなか親しみのもてるものでした。マーラーの絶筆作品を生で聴くのは初めてでしたし、それまでの交響曲を連想させないような新しい旋律を、その晩年にも書いていたこと驚きました。アルマ夫人が13年間暖めていた曲だそうです。
竹澤さんの演奏は、N響で何度か聴いていましたが、押しの強さと腕っぷしを大いに楽しみました。同じベルクの「ルル」を思い出させる感じもありましたが、意外にメロディアスな曲でした。だいぶ前にシャハムの映像を見たような気がします。
ラストのジュピターを聴いて、すっかり気分よく帰宅したところです。
e0022175_1555204.jpg

by ja8cte | 2013-07-19 19:00 | Comments(0)