Classic音楽、Audio、写真などの趣味を綴る


by ご~けん

プロフィールを見る

My Link

タグ

(84)
(61)
(58)
(51)
(50)
(40)
(34)
(31)
(31)
(27)
(27)
(24)
(22)
(21)
(19)
(16)
(15)
(12)
(7)

最新のコメント

ヨハン・ボータ亡くなって..
by ja8cte at 07:51
コメントありがとうござい..
by ja8cte at 04:41
ごーけんさん、お久しぶり..
by Sato Mitoko at 16:31
SP300用になりますが..
by ja8cte at 12:03

フォロー中のブログ

Katyanのオーディオ...
みなと横浜、音楽・オーデ...
By The Thames
Gladius Dei
オーディオのこと
川村奈菜さんの応援HP
Appelez-moi ...
Horizontal P...
ヴァイオリニスト大島莉紗...
My Photo Square

外部リンク

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
more...

記事ランキング

ブログパーツ

CITYフィル270定期、ヴェルディのレクイエム

e0022175_15495831.jpg指揮:宮本 文昭
ソプラノ:秦 茂子、メゾ・ソプラノ:加納 悦子
テノール:福井 敬、バリトン:河野 克典
合唱:東京シティ・フィル・コーア(合唱指揮:藤丸 崇浩)
ヴェルディ生誕200年にちなんだ曲でしょうか、、女性団員は全員がノースリーブ禁止?の静粛な衣装による演奏会でした。




この曲はCDも持っていないくらいですが、生の演奏ならではの楽しみがあるなと思っていました。たまたまカラヤン指揮1967年スカラ座の録画を持っていたので、それで予習して行きました。メゾのコッソットが大活躍、とても若くて岡田茉莉子さんに似た風貌、そして見事な歌唱力が印象に残るものでした。他にもパヴァロッティとギャロフなどが出演した名演奏のようです。

今回のメゾは加納 悦子さん、ちょうど朝丘雪路さんを魔女風にメイクしたような顔立ちで、とても響きのある良い声でした。そのままオルトルート役に出てもおかしくない雰囲気を持った方でした。

それにも増して印象に残ったのが、ソプラノの秦 茂子さんでした。パリ高等音楽院を文句なしの首席で卒業し、日本デビューはまだ2-3年前とのこと、、最初はやわらかな声の持ち主なのかなと聴いていたのですが、圧倒的な迫力がありました。実にさわやかで味がある、そして小柄な体に似合わないほどの声量がありました。レクイエム後半は独壇場とも言える活躍ぶり、、素晴らしかったです。

ヴェルディが友人・詩人・同じ国会議員でもあった、アレッサンドロ・マンゾーニを追悼して、死後1年経ってから完成させたレクイエム、オペラはもちろんですが今回の演目はとても魅力あるもので、大満足の定演となりました。
e0022175_15501045.jpg

by ja8cte | 2013-06-08 19:00 | Comments(0)