Classic音楽、Audio、写真などの趣味を綴る


by ご~けん

プロフィールを見る

My Link

タグ

(79)
(67)
(54)
(49)
(47)
(40)
(37)
(31)
(27)
(27)
(24)
(24)
(21)
(19)
(15)
(15)
(12)
(7)
(3)

最新のコメント

SP300用になりますが..
by ja8cte at 12:03
Facebookに今年5..
by ja8cte at 09:57
こんにちは。ご部刷してお..
by desire_san at 18:26
ありがとうございます。 ..
by 池田 at 22:00

お気に入りブログ

Katyanのオーディオ...
みなと横浜、音楽・オーデ...
By The Thames
Gladius Dei
オーディオのこと
川村奈菜さんの応援HP
びーぐるな日々
Appelez-moi ...
Mahalo Saito...
Horizontal P...
ヴァイオリニスト大島莉紗...
My Photo Square

外部リンク

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

記事ランキング

ブログパーツ

CITYフィル268定期、飯守さんのブルックナー5番など

e0022175_1491223.jpgモーツァルトピアノ協奏曲 第21番 ハ長調 K.467
ブルックナー交響曲 第5番 変ロ長調

指揮: 飯守 泰次郎
ピアノ: 菊池 洋子





菊池洋子さんのピアノは、まずその音色に惹かれました。開演前には飯守さん用のSTEINWAYとは別に、もう一つのフルコンが用意されていました。調律のみならず、独自のカスタマイズでもされているのではないかと思ったくらい、、、、
モーツァルト演奏の第一人者であるだけではなく、独特の音色世界を目指しているようにも思えました。特にアンコールのバッハは、出だしがピアノとは思えない、オルゴールのような音色、、おそらく弱音ペダルを駆使していたと思うのですが、続く主旋律の部分でも右手と左手の音色がはっきりと違うのです。凄い世界を創造している方だなと思いました。

さてメインディナーのブルックナー、開演前のプレトークでは飯守さんの熱い想いが溢れていました。ピアノで聴くブルックナーも格別です。彼が意図していたはずの曲構成がストレートに伝わって来ました。本番の演奏はさらに迫力がありました。今回から一番奏者に就任したオーボエとクラリネットの皆さん含めて、80分にも及ぶ大曲を一気に爆発させました。ぐったりとした姿に全員の満足感が伝わって来ました。本当にお疲れ様でした。
e0022175_1493432.jpg

by ja8cte | 2013-04-19 19:00 | Comments(0)