Classic音楽、Audio、写真などの趣味を綴る


by ご~けん

プロフィールを見る

My Link

タグ

(79)
(67)
(54)
(49)
(47)
(40)
(37)
(31)
(27)
(27)
(24)
(24)
(21)
(19)
(15)
(15)
(12)
(7)
(3)

最新のコメント

SP300用になりますが..
by ja8cte at 12:03
Facebookに今年5..
by ja8cte at 09:57
こんにちは。ご部刷してお..
by desire_san at 18:26
ありがとうございます。 ..
by 池田 at 22:00

お気に入りブログ

Katyanのオーディオ...
みなと横浜、音楽・オーデ...
By The Thames
Gladius Dei
オーディオのこと
川村奈菜さんの応援HP
びーぐるな日々
Appelez-moi ...
Mahalo Saito...
Horizontal P...
ヴァイオリニスト大島莉紗...
My Photo Square

外部リンク

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

記事ランキング

ブログパーツ

森 麻季さんのジルダ(ソフィア国立)

e0022175_2171976.jpg本日も友人と文化会館に行ってきました。同じ演目をまたぁー?と家内に呆れられるのは分かっていましたが、これだけは譲れない?!気持ちがありました。森 麻季さんのコンサートは何度か聴きに行きましたが、彼女の演技を見たい、もっと長い時間を楽しみたいと思っていました。



ブルガリアで絶賛を受けたリゴレットだそうですが、まさに素晴らしいものでした。スポットライトを浴びる彼女の姿は、今まで持っていた印象をさらに塗り替えてくれたように感じます。彼女の歌は正確で、美しく、自信に満ちたものだったと思います。演技の方は、さらに経験がものを言うところがあるかもしれません。彼女らしさ、可愛らしさを超えて初めて、次のステップに踏み込むのだなと想像しています。

e0022175_21255439.jpgまた昨日はロストに熱中してしまった感じもありましたが、本日は舞台、演奏、スタッフ含めた全てがしっくりとした良い出来栄えだったように思います。その一つはマントヴァ公爵を演じたボイコ・ツヴェターノフの美声ではないでしょうか。昨日のカルードフは第一人者でブルガリアでも森さんと共演したテノールですが、それ以上に張りのある声を聞かせてくれました。

e0022175_21295520.jpgそしてリゴレット役も本日はマウロ・アウグスティーニに替わり、渋さも持ち合わせた味わいのある声と演技を見せてくれました。そして何と指揮者も交代したのです。本日はソフィア国立歌劇場総監督のボリスラフ・イワノフが振りました。昨日よりも終演時刻が延びるくらいのじっくりとしたテンポと、美しい管弦楽の響きを聞かせてくれました。同じ演目を2日間観ても、こんなに印象が変わるものかとビックリしたほどです。

今回のリゴレットを聴きながら、音楽による「至福」の時間とはこのようなものだなと思いました。大変贅沢でもあり、貴重な経験をさせてもらったと思います。
by ja8cte | 2005-11-27 21:38 | Comments(2)
Commented by Cypress at 2005-12-16 11:45 x
ご~けんさん、初めまして。
森さんのジルダ、よかったですよね。
多少線が細いとは思いますが、あの楚々とした雰囲気はやはり日本人
女性ならではで西洋人の女性には出せないものだという気がしました。
そこは逆に海外に出たときの彼女の強みなんじゃないかなと。
ともあれ、今後とも宜しくお願いします。
Commented by ja8cte at 2005-12-16 23:12
Cypressさん、お返事ありがとうございます。森麻季さんに注目したのは、変にビブラートなどかかっていない、天の声(宗教曲)もこなせるオペラ歌手としてのような気がしています。ブルガリアでの熱狂が分かるような感じですね。これからもよろしくお願いいたします。