Classic音楽、Audio、写真などの趣味を綴る


by ご~けん

プロフィールを見る

My Link

タグ

(79)
(67)
(54)
(49)
(47)
(40)
(37)
(31)
(27)
(27)
(24)
(24)
(21)
(19)
(15)
(15)
(12)
(7)
(3)

最新のコメント

SP300用になりますが..
by ja8cte at 12:03
Facebookに今年5..
by ja8cte at 09:57
こんにちは。ご部刷してお..
by desire_san at 18:26
ありがとうございます。 ..
by 池田 at 22:00

お気に入りブログ

Katyanのオーディオ...
みなと横浜、音楽・オーデ...
By The Thames
Gladius Dei
オーディオのこと
川村奈菜さんの応援HP
びーぐるな日々
Appelez-moi ...
Mahalo Saito...
Horizontal P...
ヴァイオリニスト大島莉紗...
My Photo Square

外部リンク

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

記事ランキング

ブログパーツ

CITYフィル262定期、秋山和慶さんとの初共演

e0022175_15403861.jpg指揮:秋山 和慶
W.A.モーツァルト
交響曲 第35番 ニ長調 K.385 「ハフナー」
S.ラフマニノフ
交響曲 第2番 ホ短調 作品27




ただいま帰宅しました。秋山さんの指揮ぶりはとてもアグレッシブで、後ろ姿を見るだけでも好感もてました。指揮者生活やがて50年を迎えるそうですが、シティフィルとは初めての共演と聞きました。これからのお付き合いにも期待がもたれます。

ハフナーのアンサンブルの素晴らしさはもちろんのこと、ラフマニノフ2番は大いに楽しみました。第1楽章の悲壮感、そして続くあの有名で軽快な第2楽章、優美な第3楽章、そしてフィナーレへと、秋山さんの指揮ぶりは鋭くもあり、また豪快でもあるキビキビした演奏でした。

この曲はCDを持っていなかったので、N響録画くらいしか馴染みがなかったのですが、まさに「生」で聴くべき名曲ですね。どこかロシア的な刹那さあり、また北欧的なビオラの音色、そしてメロディはまさにラフマニノフそのものです。シティフィルの演奏技術の素晴らしさも味わえたし、選曲は秋山さんの得意なものにしたのでしょうか、、まさにベストマッチの演奏会でした。
e0022175_15404823.jpg

by ja8cte | 2012-10-12 19:00 | Comments(0)