Classic音楽、Audio、写真などの趣味を綴る


by ご~けん

プロフィールを見る

My Link

タグ

(82)
(74)
(58)
(49)
(49)
(40)
(37)
(31)
(27)
(27)
(24)
(24)
(21)
(19)
(16)
(15)
(12)
(7)
(3)

最新のコメント

ヨハン・ボータ亡くなって..
by ja8cte at 07:51
コメントありがとうござい..
by ja8cte at 04:41
ごーけんさん、お久しぶり..
by Sato Mitoko at 16:31
SP300用になりますが..
by ja8cte at 12:03

フォロー中のブログ

Katyanのオーディオ...
みなと横浜、音楽・オーデ...
By The Thames
Gladius Dei
オーディオのこと
川村奈菜さんの応援HP
びーぐるな日々
Appelez-moi ...
Mahalo Saito...
Horizontal P...
ヴァイオリニスト大島莉紗...
My Photo Square

外部リンク

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
more...

記事ランキング

ブログパーツ

Prom 73: Beethoven & Bruckner ウィーンフィル

e0022175_20583477.jpgロンドンに到着した初日のコンサートです。チケットは購入済み。曲目は、
Beethoven
Piano Concerto No. 4 in G major
Bruckner
Symphony No. 9 in D minor
大好きな曲ばかりです。※写真は会場のロイヤル・アルバート・ホール





e0022175_20591636.jpg

e0022175_20592554.jpg演奏者は、
Murray Perahia ;piano
Vienna Philharmonic Orchestra
Bernard Haitink ;conductor

ハイティンクのブルックナーは、7番を楽友協会にてシカゴフィルで聴いたことあります。今回は楽しみにしていたウィーンフィルなのです。

e0022175_20593383.jpgピアノ独奏がマリー・ペライア、名前くらいしか知らない演奏家です。今回はベートーベンのPf協奏曲では一番好きな4番です。バックハウスからグリモーまで、たくさんの演奏をCDで聴いてきました。私はさほど感銘を受けなかったのですが、観客から歓声が挙がるほどの人気でした。

e0022175_20594395.jpgコンマスのライナー・キュッヒェルがよく見えました。座席がストールズの4列目、弦と木管は最前列くらいしか見えませんので、知ったアーティストは彼くらいでした。

後半のブルックナーには度肝を抜かれた想いです。金管楽器の鳴りっぷり、弦の柔らかさ、しなやかさはウィーンフィルならではでした。6,000人も入れるホールですから、それほど音量は大きくなく、反響も穏やかです。オーケストラの方向から音が聞こえる感じでした。ホール後方上部の硬い壁からは、少し反射音が聞こえてきました。

ハイティンクの指揮ぶりは暖かさを感じます。団員に対しても同じように接しているような印象を持ちました。第一楽章の後にパラパラ入ってくる観客にも、嫌な顔せずにじっと待ちます。それにも増して演奏レベルの素晴らしさ、これまでに聴いたブルックナーでも最高の感動と元気をいただきました。

※次の写真は休憩時間に、最高階まで探検した時に撮ったものです。
e0022175_2102964.jpg

e0022175_2103690.jpg

by ja8cte | 2012-09-06 19:00 | Comments(0)