Classic音楽、Audio、写真などの趣味を綴る


by ご~けん

プロフィールを見る

My Link

タグ

(79)
(67)
(54)
(49)
(47)
(40)
(37)
(31)
(27)
(27)
(24)
(24)
(21)
(19)
(15)
(15)
(12)
(7)
(3)

最新のコメント

SP300用になりますが..
by ja8cte at 12:03
Facebookに今年5..
by ja8cte at 09:57
こんにちは。ご部刷してお..
by desire_san at 18:26
ありがとうございます。 ..
by 池田 at 22:00

お気に入りブログ

Katyanのオーディオ...
みなと横浜、音楽・オーデ...
By The Thames
Gladius Dei
オーディオのこと
川村奈菜さんの応援HP
びーぐるな日々
Appelez-moi ...
Mahalo Saito...
Horizontal P...
ヴァイオリニスト大島莉紗...
My Photo Square

外部リンク

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

記事ランキング

ブログパーツ

ギル・シャハム(Vn)

e0022175_1892813.jpg「いま最も注目すべきバイオリニストは誰だろう?」・・・、シャハムだ、と一致したのを覚えています。




音楽の趣味を共有できる一番の友人と話をしたときのことです。その後ずいぶんと経ってから、その友人と一緒にサントリーホールのリサイタル(2003/3)に行って聴いた演奏は、今でも鮮明に覚えています。

なかでもバッハのパルティータ第2番は素晴らしいものでした。まだCDになっていない演奏を聴けるのも、生の醍醐味かなと思います。この曲はシャハムとしても、レコーディングするにはまだ早いと、残してあるのでしょう。テンポはかなり速めでした。しかし、最高に美しいのです。

彼の演奏技術は群を抜いています。職人的なところを感じさせるフレーズもあります。しかし、あの音色とキビキビ感、透明感、ダイナミックなところ、などなど全てを持ち合わせたバイオリニストだと思います。近代~現代の曲など聴くものなら、目を(耳を)疑うくらいに研ぎ澄まされた演奏です。

添付した写真は、NHKに初めて登場した18歳の時の録画、ベルリンフィルとの共演、そして2003年サントリーホールでの映像などを納めた自作DVDタイトルです。その後の放映はありませんが、FMを聞いていたら、シャハムのリサイタルに遭遇したことがありました。妹さんの伴奏で、モーツァルテウム 大ホールでの演奏です。

曲目は下記の通りでしたが、先日のサントリーホールで聞いた曲もいくつか含まれていて、音が素晴らしいし、演奏の「キレ」が一段と冴えていたと感じました (特にプロコフィエフ)。ホールの影響もあるのかな。相変わらずの「鼻息」もすごくて、オン・マイクであった事が想像されます。その割にはホール・トーンが良く出ていたと思いました。
------------------------------
 - オーストリアの音楽祭から -(3)
  ~ザルツブルク音楽祭2003から~
 ▽ギル・シャハム バイオリン・リサイタル
「バイオリン・ソナタ ヘ長調 作品57」  ドボルザーク作曲
「バイオリン・ソナタ 第2番 ニ長調 作品94bis」
                     プロコフィエフ作曲
「組曲“から騒ぎ”作品11 から」     コルンゴルト作曲
 (1)花嫁の部屋の乙女
 (2)ドグベリーとヴァージェス/夜警の行進
 (3)間奏曲/庭園の場
 (4)仮面舞踏会/ホーンパイプ
「バイオリン・ソナタ 第3番 ニ短調 作品108」
                       ブラームス作曲
「ハンガリー舞曲 第2番 ニ短調(アンコール曲)」
       ブラームス作曲、ヨーゼフ・ヨアヒムによる編曲版
                (バイオリン)ギル・シャハム
                 (ピアノ)オルリ・シャハム
  ~ザルツブルク・モーツァルテウムで収録~
  (オーストリア放送協会提供)
by ja8cte | 2005-04-10 18:09 | Comments(1)
Commented at 2006-08-15 13:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。