Classic音楽、Audio、写真などの趣味を綴る


by ご~けん

プロフィールを見る

My Link

タグ

(79)
(67)
(54)
(49)
(47)
(40)
(37)
(31)
(27)
(27)
(24)
(24)
(21)
(19)
(15)
(15)
(12)
(7)
(3)

最新のコメント

SP300用になりますが..
by ja8cte at 12:03
Facebookに今年5..
by ja8cte at 09:57
こんにちは。ご部刷してお..
by desire_san at 18:26
ありがとうございます。 ..
by 池田 at 22:00

お気に入りブログ

Katyanのオーディオ...
みなと横浜、音楽・オーデ...
By The Thames
Gladius Dei
オーディオのこと
川村奈菜さんの応援HP
びーぐるな日々
Appelez-moi ...
Mahalo Saito...
Horizontal P...
ヴァイオリニスト大島莉紗...
My Photo Square

外部リンク

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

記事ランキング

ブログパーツ

ルネ・コロ(テノール)

e0022175_105559.jpgNHKホールで実際に観たルネ・コロはベルリンドイツオペラ(1998/02/15)だったのですが、手持ちの録画はハンブルグ歌劇場の方のタンホイザーです。




その時のインタビューでは、あと一度の来日を約束し、それを観に行ったのですが、なかなか美しい舞台が印象的でした。しかしTV放映がありませんでした。同時に持ってきた演目の「さまよえるオランダ人」は放映されたのに・・・。

ベルリンドイツオペラのタンホイザーで、ヴォルフラム役を演じたバイクルが、「オランダ人」の方の主役としても活躍していました。バイクルの「ゆうぼしの歌」は最高でした。

ハンブルグの方のエリーザベト役はセクンデですが、なかなかの歌唱力を持っています。他の手持ちのビデオにもいくつか登場しています。しかし、ちょっと体つきがゴツイせいか、今にも死んでしまいそうなエリーザベトにしては、力のある演技だったかもしれませんね。

ルネ・コロの映像としては、他にも「ウィーン気質」やモッフォ共演の「チャールダーシュ」、そしてバーンスタイン共演の「フィデリオ」などを持っています。しかし、バイエルンの「指輪」は持っていません。サヴァリッシュの指揮ぶりも見たいところなのですが。

ワーグナーのオペラ、特に音楽でいつも感心するのは、合唱の部分です。男声だけで奏でるハーモニーの美しさ、特に生で聴いた場合には胸がジーンとするほど響いてきます。ついつい熱中してしまうほどのワーグナーの「魔力」はこの辺にあるのかもしれませんね。
by ja8cte | 2005-03-19 10:04 | Comments(0)