Classic音楽、Audio、写真などの趣味を綴る


by ご~けん

プロフィールを見る

My Link

タグ

(80)
(69)
(55)
(49)
(48)
(40)
(37)
(31)
(27)
(27)
(24)
(24)
(21)
(19)
(16)
(15)
(12)
(7)
(3)

最新のコメント

SP300用になりますが..
by ja8cte at 12:03
Facebookに今年5..
by ja8cte at 09:57
こんにちは。ご部刷してお..
by desire_san at 18:26
ありがとうございます。 ..
by 池田 at 22:00

フォロー中のブログ

Katyanのオーディオ...
みなと横浜、音楽・オーデ...
By The Thames
Gladius Dei
オーディオのこと
川村奈菜さんの応援HP
びーぐるな日々
Appelez-moi ...
Mahalo Saito...
Horizontal P...
ヴァイオリニスト大島莉紗...
My Photo Square

外部リンク

以前の記事

2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

記事ランキング

ブログパーツ

エイジングと言う表現

e0022175_6313944.jpg「エイジング」と言う表現を乱発される方がいます。その中身については諸説様々なものがあると思いますが、私の持論から言うと、「エイジングに惑わされるな、人間の耳は信用できない」です。




エイジングで音が変化したと思った内の半分以上は、自分の聴く耳が変化したのではないかと思います。明確に効果のある手段(例えばコンデンサの種類と音色など)は、テストの時点で音の違いを見分けられますし、あとで結論が逆転した経験は持っていません。

エイジングとウォームアップの時間的な差ですが、前者は数ヶ月以上に渡って変化し続けるもの、後者は数時間で変化を完了するものと、長岡鉄男さんは定義しているように見受けられます。

例えばスピーカーボックスを製作した場合を例にとると、板の隙間にしみ込んだ接着剤が完全に乾くには数日間かかると思います。木材の繊維が枯れてきて、素晴らしいバイオリンの音が出るには100~300年もかかります。スピーカーのエッジが経年変化でボロボロになるのは、モノにも寄りますが10~20年くらいでしょうか。

以上に挙げたエージングなら、例え自分の耳の性能が変化しても、それらの差を充分に察知できるような話になると思います。しかし、数時間で音が変化する現象については、技術的側面で我々としては捉えたいと思います。それができないのであれば、耳が変化したと言われても反論できません。

【自分の耳は、信用できるか?】⇒耳が変化する原因ですが、
・年齢が進んだ(長期的な変化、これは仕方がありませんね)
・大音量で音楽を聴く方(耳はとっても疲れやすいのです)
・思い込みの多い方(こうなるベキだ、が優先して判断力が鈍る場合)

人の意見に耳を貸す習慣こそ、オーディオの改善を目指すものとして最も大事な事のように思います。これは仕事や家庭の生活でも同じかな? 技術的に説明できない場合の「逃げ」としてエイジングという表現を使ってほしくはない、と言うのが私の持論の中身です。
by ja8cte | 2005-03-20 06:31 | Comments(1)
Commented by ご~けん at 2006-12-29 17:05 x
エイジングについての面白い記事が書かれたページがありました。
http://www.procable.jp/setting/08.html
賛否両論のあるサイトかもしれませんが、自分と同じ考えを見つけるのは楽しいものです。