Classic音楽、Audio、写真などの趣味を綴る


by ご~けん

プロフィールを見る

My Link

タグ

(82)
(73)
(58)
(49)
(48)
(40)
(37)
(31)
(27)
(27)
(24)
(24)
(21)
(19)
(16)
(15)
(12)
(7)
(3)

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by ja8cte at 04:41
ごーけんさん、お久しぶり..
by Sato Mitoko at 16:31
SP300用になりますが..
by ja8cte at 12:03
Facebookに今年5..
by ja8cte at 09:57

フォロー中のブログ

Katyanのオーディオ...
みなと横浜、音楽・オーデ...
By The Thames
Gladius Dei
オーディオのこと
川村奈菜さんの応援HP
びーぐるな日々
Appelez-moi ...
Mahalo Saito...
Horizontal P...
ヴァイオリニスト大島莉紗...
My Photo Square

外部リンク

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

記事ランキング

ブログパーツ

コルトレーンのLP

e0022175_2334584.jpgJAZZには疎いのですが、最近LPを少しずつ集めだしました。しかしナベサダ以降の演奏と音は、ロックと言ってもおかしくないくらいの派手やかさを感じます。その中で手持ちの一つだったコルトレーンの録音には、何か新鮮なものを感じることができました。

ただし、それを感じ取るためのカートリッジが必要です。私が最高と思っている、DL103Rでは何の感激も味わえないくらいの存在だったのです。楽器が左右に別れ過ぎているし、音は良くないと思っていました。




e0022175_2311287.jpgところが最近中古で入手した"SPU Classic G"と言うカートリッジを使い始めてから、その印象は根底から覆されてしまいました。実に生き生きとした音楽が聞こえてくるのです。写真で一番右にあるのがSPUです。かつての名機復刻版ですが、同じオルトフォンのMC20と比べても、音の傾向が全く違います。古い録音を甦らせてしまうパワーがありました。
JAZZはCDでなく、LPで聴くことがお薦めと言われます。しかし最新技術(6N素材とか)を使ったカートリッジでは、古い録音は駄目なようです。ましてやCD焼き直しでは、もっと反対方向の(つまらない)音が出てくるのではないでしょうか? LPレコードは、その時代の名機と言われる装置で聴かなければ、本当の良さが理解出来ないのではないか、と言うのが今回の結論になりました。

さて話は変わりまして、我がオーディオルームにはエアコンがあるので、ここで寝ることにしようと考えました。それでベッド台を自作しました。PEPEを飲みながら音楽を楽しむ、、眠くなったら快適な空間でそのまま横になれる、、何と私は不精なのかしら・・・とか(^^
e0022175_23252852.jpg

by ja8cte | 2011-01-31 23:28 | Comments(0)