Classic音楽、Audio、写真などの趣味を綴る


by ご~けん

プロフィールを見る

My Link

タグ

(79)
(67)
(54)
(49)
(47)
(40)
(37)
(31)
(27)
(27)
(24)
(24)
(21)
(19)
(15)
(15)
(12)
(7)
(3)

最新のコメント

SP300用になりますが..
by ja8cte at 12:03
Facebookに今年5..
by ja8cte at 09:57
こんにちは。ご部刷してお..
by desire_san at 18:26
ありがとうございます。 ..
by 池田 at 22:00

フォロー中のブログ

Katyanのオーディオ...
みなと横浜、音楽・オーデ...
By The Thames
Gladius Dei
オーディオのこと
川村奈菜さんの応援HP
びーぐるな日々
Appelez-moi ...
Mahalo Saito...
Horizontal P...
ヴァイオリニスト大島莉紗...
My Photo Square

外部リンク

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

記事ランキング

ブログパーツ

ウィーン交響楽団 in Bregenz

e0022175_022973.jpgブレゲンツでのコンサート、一つ目は Fest spiel haus で開かれたコンサートでした。




指揮はDmitri Jurowski、コーラスはプラハフィル合唱団で3曲の演目がありました。e0022175_0241690.jpgまず、ヤナーチェクのラプソディー、そして Judith Weir作曲の CONCRETE- eine Motette ueber London、ラストはシェーラザードの順です。プレトークではWeirご本人が舞台に登場し、インタビューに答えていました。
e0022175_0262945.jpgまた演奏開始前に、ご本人の曲目説明がスクリーンに投影されました。演奏中はドイツ語のナビゲーションを、Lukas Vasilekが演じました。
e0022175_0284722.jpgこのホールの音は、どの楽器も実に明瞭で、かつ音量が大きかったです。フルオーケストレーション時でも、音がはっきり分離されて聞こえます。日本ではなかなか経験できない音響です。
e0022175_0291970.jpg特にラストのシェーラザードでは、独奏Vnを始めとして、チェロも管楽器も非常に美しかったです。かと思えばコントラバスが大きく響くのと、弦楽器群のピッチカートが実に見事でした。日本人演奏家も数人見られるオーケストラ、歴史ある楽団のアンサンブルは、本当に安心して楽しませてもらいました。
by ja8cte | 2010-08-09 19:30 | Comments(0)