Classic音楽、Audio、写真などの趣味を綴る


by ご~けん

プロフィールを見る

My Link

タグ

(81)
(72)
(58)
(49)
(48)
(40)
(37)
(31)
(27)
(27)
(24)
(24)
(21)
(19)
(16)
(15)
(12)
(7)
(3)

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by ja8cte at 04:41
ごーけんさん、お久しぶり..
by Sato Mitoko at 16:31
SP300用になりますが..
by ja8cte at 12:03
Facebookに今年5..
by ja8cte at 09:57

フォロー中のブログ

Katyanのオーディオ...
みなと横浜、音楽・オーデ...
By The Thames
Gladius Dei
オーディオのこと
川村奈菜さんの応援HP
びーぐるな日々
Appelez-moi ...
Mahalo Saito...
Horizontal P...
ヴァイオリニスト大島莉紗...
My Photo Square

外部リンク

以前の記事

2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

記事ランキング

ブログパーツ

4人の男性歌手特集

e0022175_20174562.jpgBS-hiで、4夜連続の番組を楽しみました。ビリャゾンとフローレスは我がライブラリにもいくつか揃っていましたが、後半二人の存在にはとても心強いものを感じました。




まず第3夜のヨナス・カウフマン、名前は時々耳にしていましたが、こんなに切れがあり、良く伸びる声の持ち主とは知りませんでした。彼のドキュメンタリとチューリヒ歌劇場におけるカルメン[収録: 2008年6月/7月]が放映されました。下にある写真はメトロポリタンでの椿姫ですが、本人曰く観客は当然のごとくゲオルギュを聴きにくる、そこで総立ちの人たちが自分を賛辞してくれている光景を目の当たりにして、膝が震えている自分が分かった、、、と評判の公演だったそうです。
e0022175_20231899.jpg
カルメンではヴェッセリーナ・カサロヴァが共演、また指揮者のフランツ・ウェルザー・メストのいずれもが、彼には全てのものが備わっている、と言わしめるだけのものを感じました。語学能力とレパートリに長け、若しかしたらビリャゾンよりもドミンゴの後継者に相応しい歌手になりそうな気がしました。ワーグナーを歌い始めた点も、大いに期待したいです。

さてもう一人は、カウンターテナーのフィリップ・ジャルスキーです。2008年9月18日 アンブロネ修道院(フランス)での演奏会でしたが、例えばのコヴァルスキーよりも遥かに無理の無い、とても美しい歌声でした。レパートリはバロックだけなのか、オペラはどのようなジャンルを歌っているのか、とても気になる存在だと思います。
e0022175_20232831.jpg

e0022175_20233996.jpgさて、右の写真で吹いている、角笛らしい楽器は何でしょうか。こんな細い形状なのに、音色がトランペットにそっくりなのです。こちらも大変気になる存在でした。
by ja8cte | 2009-06-08 20:51 | Comments(6)
Commented by bonnjour at 2009-07-06 13:13
ご~けん様、はじめまして。1月前のブログ記事へのコメントで失礼いたします。おたずねの角笛状の楽器は古楽器のコルネット(cornett)です。ブラスバンドのコルネット(cornet)とは別物で、ドイツ語では「ツィンク」と呼ばれるそうです。古い時代の未発達な楽器なので演奏が非常に難しいそうですが、この収録映像では楽々と吹いていて、そんなことを感じさせませんね。

実はNHKで放映されたアンブロネ修道院でのコンサートと同じプログラムを昨年、フランスで聴いたのですが、ジャルスキーの声とコルネットの音色の掛け合いの美しさに陶然となりました。番組と同じジャルスキー&ラルペッジャータという組み合わせで今年11月に来日が予定されていますが、今から楽しみにしています。
Commented by ご~けん at 2009-07-08 00:18 x
bonnjourさん、コメントありがとうございます。初めまして!
コルネットと聞くと、音色がトランペットに近いのが納得できますね。それにしても素晴らしい演奏でした。番組でも来日の話が出ていましたが、どこで演奏してもらうべきか、悩ましいところです。紀尾井ホールなら結構行けそう?
では今後ともよろしくお願いいたします。※勝手ですが、同じexciteとしてリンクさせていただきました。
Commented by bonnjour at 2009-07-08 07:58
ご~けん様、リンクありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。ジャルスキー&ラルペッジャータの来日ですが、東京では下記2カ所のホールでコンサート確定だそうです。
11月 1日(日)19:00 サントリーホール ブルーローズ
11月 5日(木)19:00 王子ホール

あと、10月31日と11月3日に池袋の東京芸術劇場 大ホールでフジコ・ヘミングさんとのジョイントコンサートという、なんだかよくわからない企画もありますが....。
Commented by ご~けん at 2009-07-08 17:06 x
王子ホールなら雰囲気ありそうですね。bonnjourさん、情報ありがとうございました。アンブロネ修道院のような素晴らしい入れ物で聴きていものですね。
Commented by yokochan at 2010-04-18 21:03 x
ご~さん、こんにちは。
ハイビジョン未投入の我が家では、こうしたナイスな放送を見逃してしまうのです。
期限も迫ってきて慌てず騒がずの呑気なワタクシです(笑)
 しかし、魅力的な放送ですね。
ビリャゾンは甘すぎでどうも?ですが、フローレンスには驚嘆。
そしてカウフマン君は、素晴らしいワーグナー歌手の素地があって、大いに興味があります。
 ジャルスキー君は、視野外でした!
このあたりに疎いのですが、是非にも聴いてみたい逸材ですね。
 ユニークな楽器もよくわかりました。
 

Commented by ご~けん at 2010-04-19 16:55 x
yokochanさん、勝手にTBしちゃいました。我が家でも居間のTVが自由に使えなくなって、2Fのオーディオルームに引っ越し、、ここはプロジェクタとスクリーンしかないので、IOデータのチュナー買いました。1.5TBのHDDに録画して、楽しんでいます。
ジャルスキー君のコンサートは、池袋の芸術劇場で聴きましたが、なかなかGOODでしたよ!